■やっぱ老舗はすごいわ

今日もまたTSUTAYA中万々店に行ってしまいました。つい通ってしまいます。 
本はSubwayでお茶飲んだりケーキ食べたりサンドイッチ食べたりしながら読んでしまうので買っていませんが、Subwayには貢献しまくってる(ドリンク回数券買ってしまいました)し、今日は雑貨を買って帰りましたよ。


さて、今日は手芸本コーナーの本棚にまたしてもこんなハンドメイドの教科書本を見つけてしまいました。

image


なによー、こういう本まだ出るの?

と、思いつつも読んじゃうよね。


読んじゃうのよ、買わないけど。






ふ〜ん。



うまくまとめてあっていい本じゃん。



どの項目も短く簡潔に書いてあるし、分かりやすくイラスト多用で読みやすい。
だけじゃなくて、趣味であれ仕事にすることを目指すにせよ、ハンドメイド作家として知っておくべきことについて、きちんと要点を抑えて細かいとこまで網羅してある。


ハンドメイドのド素人さんが読んでおくべき教科書本の中では、今まで出た本の中でベストじゃないの?


はぁ〜、さすがブティック社だなぁ。手芸本の老舗だもの。ハンドメイド作家ブームに乗っかって手を出してみましたって出版社じゃないからね。

さすがは女心、主婦ゴコロをわかってらっしゃる。かゆいところに手が届く本作りをしてますなぁ。

感心するというか何というか、やっぱねぇ、老舗は老舗だなぁと思いましたよ。かなわないです。
うすっぺらい本だけど、長年地道に手芸本を出版し続けてきた会社の厚みを感じました。


minneのムックもブティック社から出てるんだけど、これも何気にいい本なんだよね。






「ハンドメイド作家ってどうやって活動すればいいのか」

「ハンドメイド作品の販売を仕事にするにはどうすればいいのか」

「どうやったらもっと売れるようになるか」

「写真はどうやって撮ればいいのか」

「どんな作品紹介の記事を書けばいいのか」

「SNSやブログの活用法は?」

「トラブルの対処はどうすればいい?」
 

などなど、一昨年から去年にかけては何をどうすればいいのか右も左も分からない作家さんや作家のたまごたちが全国にいっぱいいたので、ハンドメイドセミナーにも需要があったと思います。そしてセミナーの意義もあったと思います。
だけど、もうセミナーなんて受けなくてもいいですよ。


講師の先生のファンで、実際に先生に会ってお話がしたい。個別に相談に乗ってもらいたいって言うならセミナーやコンサルもいいのでしょうけど、基本的にセミナーで教えてもらうような内容は全部本に載ってます。
てか、セミナーのレジュメより本の方がずっと内容が優れてますから、オススメです。





たったの1300円(本体1204円+税)です。

image

まあ、もうハンドメイド作家ブームもピークを打ったと思いますが、ブームが盛り上がったことで老舗もついに本を出し、ほとんどお金をかけずに誰でもが平等に知識が得られるようになりました。もうこうなってしまったらノウハウを教えてもらうためのセミナーやグループは必要無いです。

1300円の本にくわしく載ってることを教わるために、まだわざわざ高いお金を払うんですか?