Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

カテゴリ: 寄稿記事について

◇帰れない女たち


こんばんは。今月はもう十分書いたので12月まで何も書かずにいるつもりでしたが、来月公開とばかり思い込んでいた寄稿記事が既に公開されておりましたので、紹介のため不精不精パソコンを開きました。

はぁ〜。明日から師走ですね。今年も終わりですよ、クリスマスですよ。
自分自身が若い娘でなくなってからというもの、街にクリスマスソングが流れていても何も感じず、イルミネーションを見に行きたいとも思わない。子供達が大きくなると、引越しを機にツリーを手放し、オーナメントで部屋を飾りつけようと言う気持ちもさっぱりなくなってしまいました。

昔はこうじゃなかったんですけどね。
誰かと一緒だろうと一人で居ようと、クリスマスのイルミネーション瞬く街路や広場を通るたび、胸がきゅぅううぅ〜んと切なくなったものです。
アート系の仕事に就くことを志していた十代二十代の頃の私は人一倍敏感で繊細な女の子だったはずなのに、感受性って一体いつどこで失くしちゃうんだろうなと不思議でしょうがないですね。


続きを読む

◇読んでいただけると嬉しいです


こんばんは。連日のブログ更新、正直疲れます。。。
山田さんの座談会記事の公開と、私が寄稿していた記事の公開がばらけてくれると良かったのですが、重なってしまったので仕方ないですね。

さて、SNSでは既にご案内済みですが、先月書いて出していた寄稿記事が一昨日やっと公開されました。大変お待たせをいたしました。

まだ読んでいらっしゃらない方はこちらからどうぞ→現実から逃げる男の25年後〜風と共に去りぬ〜


以前Alettaさんへ「女性読者向けのコラム」を寄稿させていただいておりましたが、ご覧いただければお分かりの通り、9月を最後にサイト自体の更新が止まっております。
こちらでは「お好きなように」と自由気ままに書かせて頂きまして、楽しかったですし良い経験にもなりました。もしも再開されることがあれば、またご縁があればいいなと考えております。


続きを読む

◆話が長くなりすぎて


こんにちは。なかなか殺人的な暑さです。
暑いですが自宅周辺は朝晩とひぐらしの鳴き声が響くので、山が近い田舎の夏の風情はたまらなく好きです。
ひぐらしの鳴き声って、物哀しさが井上陽水の「少年時代」といい勝負ですよね。


さて、大変お待たせをいたしました。

7月分のコラムとして出してあった記事がAlettaさんで公開されましたので、ご案内させて頂きます。

こちらからどうぞ→Aletta ベッドの百物語ーロストセカンドバージン・後編ー


続きを読む

◆怖くて、憐れで、可笑しくて


こんにちは。
すみません、忙しかったのとやる気の波が引き潮だったのでブログを書く気が起こらず、ご案内のタイミングがすっかり遅くなってしまいましたが、Alettaさんへの寄稿記事が公開されていました。


こちらからどうぞ→ベッドの百物語ーロストセカンドバージンー


この物語の主役、「由里子」(もちろん仮名)というキャラクターは実在する人物です。
もう縁が切れていますが、かつて友人として付き合いがありました。

実は、彼女についてはこのブログでも書いたことがあります。2年前の記事です。


こちらから→電車の痴漢にマジ惚れした友達の話をしよう


続きを読む

◆コラムの連載始めます


おはようございます。ブログでのご報告が遅くなってしまいました。
前回の記事でご報告しておりましたコラムの件ですが、無事に掲載が決まり、28日の午前7時から公開されています。

こちらからどうぞ→バカの観察がやめられないたった一つの理由


TwitterとFacebookページでは告知していましたが、私のSNSをフォローしていらっしゃらないブログ読者さんにはご案内が遅れてしまい、すみませんでした。

私にライター経験はありませんでしたが、Alettaさんでは自由に書かせていただけるとのことでしたので、それならばとお引き受けいたしました。


続きを読む

↑このページのトップヘ