Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

カテゴリ: 寄稿記事について

◇キラキラ起業あるある


こんにちは。
梅雨は明けましたが、こちらは熱中症になりそうな蒸し暑さです。
みなさんがお住まいの地域はいかがでしょうか。


さて、一昨日寄稿記事が公開されていたので、今回の記事のモデルとなった女性についてお話ししたいと思います。

まだ記事をお読みいただいてない方は、こちらからどうぞ→自分の頭で考えない女はネット起業で成功できない話〜ワーキング・ガール〜


先に言っておきますが、私は聡子(もちろん仮名)さんを嫌いではありません。
だって、真面目な人は憎めないじゃないですか。

痛い人ではあるのだけど、悪い人じゃないんですよね。いえ、悪い人じゃないどころか基本的には真面目でいい人なのだろうということがよく分かるから、いっそう痛々しいのです。


続きを読む

◇残酷な時間の経過


こんにちは。
梅雨っていつ明けるのでしょうね?

たっぷりと湿気を含んだ空気が重いので、心身も怠く「ブログ書かなきゃ」と思ってから2日目にしてようやくパソコンを開けました。


一昨日寄稿記事が公開されましたので、まだお読みいただいてない方はこちらからどうぞ→ゾウさんパンツとキリンさんパンツとストリッパー兄弟の思い出〜フル・モンティ〜


こちらの記事は、先に公開された「魔性の女に弄ばれた若い愛人男の哀れな記録〜マノン・レスコー〜」と繋がりのある記事です。


公開された順番が逆になってしまいましたが、「ゾウさんパンツ〜」が第一話で、「魔性の女〜」が第二話です。

今回公開された記事は、実は2月の始めに書いたものです。
なかなか公開されないまま半年近くも経ってしまい、正直言って自分がどんな気持ちでこの記事を書いたのかもう忘れてしまいました…



続きを読む

◇イミテーションは下品に光る


こんにちは。
突然ですが、最近考えてるんですよ。どうして、くたくたに疲れていると「僕、もう疲れたよ。パトラッシュ」って、見えない犬に語りかけたくなるのかなって。

なぜ疲労感と犬が分かち難く結びついているのかについて、ここ数日あまり真剣じゃなく考えています。


それにしても、フランダースの犬が出てくるほどの最近の疲労感は、これが噂に聞いていた更年期ってやつなのかと、遂に「ウォーター」を理解したヘレン・ケラーみたいな気持ちですね。

「オォ、これが、これが『更年期』の意味だったのか!」と。言葉と言葉の意味がやっと結びついて腑に落ちた感じ。


続きを読む

◇分かってなかったけど生きづらかったんだ


こんばんは。
暑いですねとご挨拶したかったのですが、日中は暑いものの夜になればぐっと気温が下がる地域に住んでいます。
なので、今は涼しいです。


今日は娘と買い物に行っていました。なんとまだ梅雨明け前だというのに夏の大バーゲンへ。
私が二十歳前後の頃は、夏のバーゲンが始まるのは8月の中旬、お盆あたりからでしたけどね。今じゃもう夏が始まる前からバーゲンなのですね。

とはいえ、今は地球温暖化も進んで25年前とは気候も変わり、5月から夏服を着ているのでバーゲンが早いのも時代に合ってていいのかもしれません。


続きを読む

◇小夜子さんという人


おはようございます。
寄稿記事が公開されていましたので、まだお読み頂いてない方はどうぞ。

こちらから→魔性の女に弄ばれた若い愛人男の哀れな記録〜マノン・レスコー〜


実はこの記事、小夜子さんという女性について書いた記事の二話目なのです。
第一話として、私が彼女にロンドンでメンズストリップショーへ連れて行ってもらった話を先に書いていました。

ですが、手違いがあったようで第一話よりも先に第二話が公開されてしまったので、記事について少々説明をさせていただきますね。

寄稿記事はどれも基本的に一話完結の読み切りなのですが、私はセミナーの話などもオムニバス形式で書いていまして、それぞれに独立した話でありながら関連があります。

なので、ロンドンに住んでいた頃の思い出話シリーズも、繋がりのあるものがあります。


続きを読む

↑このページのトップヘ