Flat 9 〜マダムユキの部屋

主婦が綴る独り言です

カテゴリ: ネットウォッチ

◇尽くして耐え忍ぶ女に大変身した教祖に感じる悲しみ


こんにちは。寒いですね。
今日は寒いので、家に引きこもって書き物をします。
早いところ原稿を片付けなければならないのですが、そういう時に限って寄稿記事が公開されたり、観察対象の教祖が一言言いたくなるようなバカなことをしているのですよ。

だってね、こちらの壱岐島のさやりんごのブログ、長年のウォッチャーとしては読んだからにはコメントせずには居られないでしょう?

こちらから(リンク先は魚拓)→余裕で尽くせる女になりたかった。


何だろう。この胸に去来するやりきれなさは…。
私は「さやりんご」が「子宮委員長はる」の頃から見てますからね。


続きを読む

◇自分が見えてなさ過ぎて山wwwwwww


このブログを訪ねて下さっている皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は私も人並みに忙しくて、ネットを見ている暇がありませんでした。
昨日は昨日で後片付けに忙しく、「寄稿記事が公開されたからブログ書かなきゃな」と思いつつも疲れが出てしまい、エンジンがかからず…。


ブログには手がつけられませんでしたが、ネットウォッチングは昨日から再開しましたよ。
1週間ぶりくらいに壱岐島の子宮系教祖・さやりんごのインスタをチェックしに行ったら、鬼更新されていて読むのが大変。

しかも、「ブログ更新!」「ブログ更新!」って、新年が明ける前からやる気に満ちてるじゃないですか。
安っぽい化粧品の宣伝も山ほどしてるし、「お正月に何やってるの?」と呆れてしまいました。
まあ、借金まみれだし扶養家族も増えたしで、年末年始も働かないとやっていけないのかな?ご苦労様です。


続きを読む

◇全ては「さやりんご」の肩にかかってる


こんばんは。
寄稿記事を早く書かなきゃな〜と思いつつ、エンジンがかからないのでブログを書きますね。


つい先日、壱岐島の子宮系スピリチュアル教祖「さやりんご」はもうつまらないなと書いたばかりですが、ちょっと面白くなってきたのでもう少し真面目にウォッチングしようかなと思い始めました。

何が面白いって、さやりんごの両親が青森から移住してくるんですよ。今後なかなか面白そうな家族ドラマが期待できそうじゃないですか?
お互いスープの冷めない距離に住んで、一緒に仕事もして、お金が絡んだ運命共同体になってしまったら、嫌でも揉め始めそうですよね。今からワクワクしちゃう。

私、ねっとりした家族間ドラマって大好物なんですよ♡


続きを読む

◇正月に一人ぼっちが嫌なのでしょう


こんにちは。
何だか寒さに勢いがつきましたね。
うちの近所の山や街路樹は紅葉が綺麗で、まだ景色は秋の名残を強く留めているのですが、今日から師走なのですよね。
もう今年も終わりの準備に入らなくちゃいけないなんて…。


さて、昨日いつものようにTwitterを眺めていたら、今や壱岐島の害虫と化している子宮委員長さやりんごの「髪結いの亭主」(髪結いの亭主とは、妻の働きで養われている夫のこと)の話題が目に入りました。


ポルシェをプレゼントされて以来すっかりゴキゲンで、急に個人のInstagramでさやりんごを「奥さん」だと紹介し始めたそうなのです。

「へぇ、そりゃ面白いことになってるな」と思い、私も見に行ってみましたよ。

まだご覧になっていない方はリンク先からどうぞ→男嶽神社宮司・吉野 理Instagram


続きを読む

◇やっぱり彼女は愛されてますね


こんばんは。
ブログに手が回らない日々を過ごしている間に、書かなきゃいけないことが溜まってしまいました。

例によって寄稿記事が公開されているので宣伝記事も書かなきゃならないわけですが、今日はとりあえずはあちゅうさんについて触れておきます。

なんか、こう、いいですよね。
「とりあえず、はあちゅう」って、「とりあえず、ビール」的な趣があります。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


昨日、世間では小室眞子さんの話題で持ちきりでしたが、私のTwitterでのお友達周辺では、はあちゅうの話題で盛り上がっておりました。
すごいですね、はあちゅうさん。一時期に比べると寂しい限りとは言え、まだまだネットに彼女のファンは多いですし、一部の人からは熱烈に愛されていることが伺えます。


続きを読む

↑このページのトップヘ