カテゴリ: セミナービジネスの闇

◆日本女性の奥ゆかしさにつけこむキラキラ起業女子

ちょっと、奥さん。聞いてちょうだい。私ったら朝から笑っちゃったのよ〜。
この記事↓を読んでw さわりだけ引用しておきますね。


 フェイスブックやインスタグラムなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及とともに、「キラキラ起業女子」と呼ばれる人たちが増加している。

 キラキラ起業女子とは、文字通りキラキラと充実したライフスタイルをSNSで発信して集客する女性起業家のことを指す。一時期に比べてブームは落ち着いたかのように見えたが、実は現在進行形で増え続けているという。


 なぜ、キラキラ起業女子が増えているのか。起業支援コンサルタントの相馬一進氏は、「その理由は参入障壁の低さにあります」と語る。

 そもそも、具体的にキラキラ起業女子とはどのような人たちなのか。相馬氏によれば、「もっともわかりやすい特徴は、ことさらにSNSで豊かな生活をアピールするところ」だという。

「ビジネスの内容よりも、自身のライフスタイルや自撮り写真をアップするのが彼女たちです。これ見よがしに高級ホテルのラウンジで仕事やミーティングをしているのも、特徴のひとつでしょう」(相馬氏)

 キラキラ起業女子が手がけるビジネスは多岐にわたるが、なかでも目立つのは美容コンサルタントや心理学コンサルタント、起業支援といった領域だ。SNSで参加者を募ってセミナーを行い、その売り上げが収益になっているという。

 また、「起業」といっても法人化しているケースは稀で、ほとんどが自営業か副業の枠を出ないそうだ。しかも、それなりの収益を上げているのは、ほんのひと握りにすぎない。そのため、相馬氏は、SNSなどの写真だけを見て「この人は成功している」とうかつに信用するのは危険だと指摘する。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/06/post_19404.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.


続きを読む

◆自滅するカリスマと信者たち

おはようございます。話が脱線して書いた電車の痴漢の話が結構ウケてて気を良くしている土曜の朝ですが、セミナーの話に戻ります。

今回セミナーの実態についてあれこれと書いてみて気がつきました。一連の記事には反響がありハンドメイド作家の方々からもコメントやメッセージをいただいたのですが、私が高知にお招きしたコンサル先生はじわじわと嫌われているようですね。

まあ、あれから2年も経ってますし、メッキが剥げてきちゃったのでしょう。


未だに「センセイは素晴らしい!私のメンターです!センセイは本物です!」

と一生懸命ヨイショに励んでいる一部の信者たちは、同じ穴の狢(むじな)同士で盛り上がり、信者以外の人たちからは冷ややかな目で見られています。


もうずっとコンサル先生の動向は目に入れないようにしていたのですが、今回一連の記事を書くにあたって久しぶりにまだ濡れ手に粟でセミナービジネスをしていらっしゃるのか、動向を調べてみようとコンサル先生の名前で検索をかけたところ、名前を打ち込んだだけで出てくるサジェスチョンがまあ、ひどいこと。

上位表示が「嫌い」」「胡散臭い」「批判」「信者」「2ch(2ちゃんねる)」とネガティブワードのオンパレードなのですからびっくりします。
きっとそれらの言葉と組み合わせて検索する人が多いのでしょう。


続きを読む

◆セミナージプシーという太ったカモ

おはようございます。今日は、私が高知にセミナーを招致したコンサル先生に対して、決定的な嫌悪感を感じた出来事をお話ししたいと思います。

その出来事をきっかけに、「この人のしていることは人を騙す仕事だ。私がこの人を支持したのは間違っていた」と嫌でも目が覚め、過ちを認めざるをえませんでした。


その出来事とは、その先生が見るからに怪しげな自称ビジネスコンサルの中年女性とコラボでグループコンサルをしたのです。それも法外な値段で。

その怪しげな女性をここではA女史としましょう。コンサル先生はそれまでにもA女史と一緒にコラボセミナーを度々開催していました。その時点ではまだ法外というほどの料金でもなく、私はコラボセミナーというものにも注目していませんでした。


けれど、ある時コンサル先生とA女史とのコラボコンサルの告知文を見て目を疑いました。

起業女子のためのコラボコンサル、そのお値段はなんと
88,888円!


続きを読む

◆告白

おはようございます。先週から書いている「セミナービジネスの闇」シリーズはおかげさまでご好評をいただいております。
コメントやメッセージで、また直接お会いする方々から「ハンドメイドのことは知りませんが、私のいる業界も同じようなものなので共感できます」「畑違いですがすごくわかる話で、書いてくださって痛快です」とのお声をいただいてます。

私はハンドメイド界のことしか知りませんが、他業種の方々がこのブログを読んでそのような感想を持ってくださるということは、セミナービジネスって根っこは同じなんですね。


昨日「ユキさんは身を呈して発信されて云々」といったメッセージをいただきましたが、いえ、なんというかすみません。
身を呈しているといえば呈しているのでしょうが、呈したところで私には傷つく看板がないのです。


続きを読む

◆講師や信者になる人種とは

おはようございます。
先日書いた記事で「このブログの1日の訪問者はおよそ500人」と書きましたが、ここ数日は書いた記事に対して反響が大きく、連日1000人を超える方々がご訪問くださり、いくつもの記事を貪るように読んでくださっています。

私は少しでも多くの方に、愚かだった私の過ちを、同じ穴に落ちないよう教訓にしていただきたいと思っております。


さて、ブログ読者の方々から「書いてくれてありがとうございます」というお声もいただいておりますが、セミナー講師とその信者の方々にとって私の存在は目障りで、このブログにあれこれ書かれることは不愉快極まりないでしょう。

私の書いた記事がもしも彼女達の目にも届いていたなら、今頃はざわついていらっしゃるはずです。


他人に痛いところを突かれて、彼ら、彼女らの存在が脅かされる時、判で押したように必ずとる行動があります。それは、


「私が悪口を言われるのは、成功したことで嫉妬されているからなんです。人の足を引っ張るのに一生懸命な人は、ひとのことばかりを気にして自分のことに向き合っていないからいつまでも成功できません。
自分のことに集中すれば私たちと同じ世界が見えてくるのに、可哀想な人ですね〜。」


とアピールするのです。


続きを読む

↑このページのトップヘ