カテゴリ: セミナービジネスの闇

◆再検討をオススメします


今年の冬は長いですね。今朝は高知市内でもうっすら雪が積もっていました。

受験生とその保護者の皆様にとっても桜咲く春が待ち遠しいですね。

さて、中学受験、高校受験、大学受験と子供達は今が学びの時ですが、大人になってからの勉強も楽しいものです。
私は大人になってからの方がずっと楽しいと感じるようになりました。
記憶力は現役時代の10分の1にも届かないほどに劣化していますが、それを補うように理解力が増していますから。


娘の勉強を見てあげると、自分が小学生の頃には解き方がまるで分からなかった算数の問題が、今は公式を思い出せなくても解法を覚えていなくても解けることに自分でも驚きます。
これは年齢を重ねたことで文章問題の読解力が上がったからなんですよね。

中学高校時代には全く興味が持てなかった古文漢文も、今読めば意味が分かったりして、趣(おもむき)深い詩や随筆を読まされていたことや、それを課題に選んだ国語の先生の意図がようやく理解できました。

小論文も今なら100倍上手に書ける自信があるのになぁ。。。


続きを読む

◆振り向かないで


卒業シーズンとはいえ、お別れが多くて寂しい春(まだ冬だっけ?)です。

以前紹介した(書かなきゃ前に進めない)たこわささんのブログ「信者と書いてカモ」が遂に終了してしまいました。

楽しく読ませていただいていたのでお別れは寂しいですが、「おめでとうございます」という言葉をはなむけの言葉とさせていただきます。


短い間でしたが、たこわささんの連載は楽しゅうございました。

心屋さんには借金までされてのめり込んだのですから、ご自身が体験されたことは大変お辛いことであったろうと思われますが、それを持ち前のユーモアのセンスで悲惨さを感じさせずに読ませる筆力がたこわささんにはおありでした。

こんなに面白い文章が書けるなら続ければ良いのにと惜しく思いましたが、ブログを書くことで過去の自分と、過去の自分が犯した過ちと向き合い、書けることを吐き出し切ったらすっぱりと卒業することが始めに決めておられたゴールでしたものね。

それでいいんです。潔いと思います。

近頃ブログを卒業されていく方々を見送るばかりですが、私はここに残って卒業生の皆さんの門出を祝い、その去り行く後ろ姿に拍手を送ります。


続きを読む

◆みなさんのおかげで今の私があります


寒い日が続きますね。こんにちは。

私ごとではありますが、先週から今週にかけて、Twitterとブログでバズというものを初めて経験しました。

先週はポロっとついぶやいたツイートが、Twitterでフォロワー数の多い方の目に留まり、リツイートされたのを機にバズりまして、「Twitterの通知が鳴り止まない」という現象を初めて体験することができました。

私のツイートをリツイートしてくださったのは「めいろま」さんこと、谷本真由美さんです。
貴重な経験をありがとうございました。m(_ _)m


バカ格差 (ワニブックスPLUS新書)
谷本 真由美
ワニブックス
2018-01-11




続きを読む

◆全てを吐き出しているブログたち


こんにちは。今日は寒さが緩んでほっと一息ですね。

さて、今日はだらだらした無駄話(前置き)はやめていきなり本題です。

突然ですが、以下の二つのブログをご紹介させてください。以前からぜひ紹介したいとずっと思っていたのですが、なかなか時間が取れず今日になってしまいました。


まずは、実は私のネッ友でリア友、まあちゃんのブログ。



当時の私は34歳。
自分で選んだはずなのに、家庭も子育ても仕事もいまくいかない八方ふさがりの日々。
まさに人生の岐路。
そろそろ、オバサンにさしかかろうとしているのに、社会的に全く成功せずに、マミートラックで底辺産業に従事していることが納得できなくて「こんなはずじゃなかったのに」とか「就職超氷河期時代に新卒カードは金融機関だったのに」という謎のプライドと勘違いをこじらせ「何者かにまだなれる」と心の底では思い込んでいたのです。

今思うと本当に恥ずかしいし、お前馬鹿かと自分に言ってあげたいです。

そんな中、東京からちょっと有名な人物が移住してくる。ネットニュースでも取り上げられ、地元メデイアにも取り上げられてる「凄い人」が勉強会を開催している。という情報を得、藁にもすがる気持ちで会いに行き、そして実際にお会いすると非常に礼儀正しく常識をお持ちなんだなとと好感度がもてたので、すっかりお近づきになりました。(ネットでは批判が凄かったのですが)

全文はこちらから→これで私はブロガーをやめました


続きを読む

◆落ちぶれるのを待っていたよ

おはようございます。
いいお天気でせっかく気持ちがいいのにまた台風が来るみたいです。やだなぁ。


さて、昨日Twitterで仲良くしているお友達からメッセージをもらったのですよ。
「ゆきさーん、またこんなインチキ本がでてますよ」
と雑誌のWeb版記事のリンクを送ってくれました。


どれどれ




リンク貼っておきますがポチらないでくださいね。
ライブドアブログのアマゾンアフェリの機能は「こんな本あります」とお伝えするのに便利だから使っているだけなので。


 ラグニュアリーなホテルのスイートルームに泊まり、プールサイドで仕事をしながら年商はなんと3000万円! 女子憧れの素敵ライフが手に入る「起業」のノウハウを公開した『好きな場所で、好きな時間に、愛される仕事を手に入れる本』(大東めぐみ/ぱる出版)。女性のための「愛され起業」コンサルタントの大東めぐみ氏は、これまで100人を超えるクライアントを起業させ、売り上げを軌道に乗せてきた。夫の転勤で香港に住み、小さい子どもを育てながら起業し、ビジネスを大きくした。いったいそのノウハウとは?

 いつか「起業」し、収入を得たいと漠然と夢みている人も多いだろう。本書によると、女性が起業するのにピッタリな時代がきているようだ。早く夢を現実にしなければもったいない! 「起業とは経済的にも精神的にも自立し、自分らしく自由に生きるための最善の方法」とは、仕事をやめ海外で子育てする中、うつになりそうだったという日々を体験した著者ならではの説得力ある言葉だ。

全文はこちらから→週休4日で年収1000万も夢じゃない!主婦も稼げる自分ブランディングで起業する方法とは?(ダ・ヴィンチニュース)


続きを読む

↑このページのトップヘ