Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

カテゴリ: 子宮系女子

◆女たちのロスジェネ問題


去年の夏は酷暑だったのに今年の夏は肌寒いですね。

そろそろ原稿を書かなければいけないのですが、手につかずブログに逃げております。
今週はせっかく時間があったのに、体調不良のため家事をする以外は床について本を読み、Twitterを眺めていたら過ぎてしまいました。

女は面倒ですよね。毎月必ず体調不良の日が数日あるのだもの。
こういう時には子宮系の「女であると言うことを実感する日。生理を前向きに受け入れよう」という考えにも共感したくなります。
とはいえ最近の子宮系はひたすらお金の話で、そういう女性の性がどうのこうのという話はちょっとしたおまけやお飾り程度にしか聞かなくなりました。
子宮系も初期の頃の教義には、極端すぎるきらいはあるけれど多少は共感できる部分があったんですけどね。今は子宮の沙汰も金次第です。


続きを読む

◆勝った者が総取りの世界


おはようございます。
今朝は早朝に目が覚め、時間を確認しようとスマホを見ると、深夜に050から始まる不審な番号からの着信があったことに気がついて、なんだか気になってそのまま目が覚めてしまいました。
夜10時から朝7時まで通知はオフ設定にしているので着信音が鳴ったわけではありません。

知らない番号なので間違い電話かもしれませんが、非常識な時間帯にかけてくる電話は明らかにおかしいですよね。番号を検索してみると「闇金業者なので注意!」と書かれてあるのを見つけました。

闇金から電話を受ける心当たりはないし、手当たり次第の営業電話にしてもかけてくる時間がおかしいので、単純に間違い電話だったのかもしれません。

それにしても、ネットで「注意!」と書き込みがされてある番号からの着信は気持ちが悪いので、念の為着信拒否設定にしました。


闇金といえば、私は常々思っていることがあります。
今時の闇金業者はどこにどういう広告を打っているのか知りませんが、 SNSでスピリチュアル教祖にはまっている人たちに営業すれば効率よくカモが引っかかるのではないかなと。

続きを読む

◆人気商売の宿命


雨ですね。梅雨ですね。蒸し暑いですね。やれやれ。

最近コラムの宣伝記事ばかり書いてたので、ちょっと久しぶりにネットウォッチャーとしておふざけ記事を書きたくなりました。
コラムの方は大真面目に書いていますが、やっぱりね、真面目一辺倒じゃ息苦しくなります。
何事もバランスが大切でしょ。


ブログでは最近ネタにしていませんでしたが、一応ブロガー界隈やら子宮系のウォッチングはゆる〜く続けています。
でもね、本当にゆるゆる。マジで
一応続けてるってくらいの熱意のなさw

なんでかっていうと、もうつまんないんですよね。今まで観察していた人たちがコンテンツとして旬が過ぎちゃったのです。
以前はネットの炎上やトンデモ事件簿を追いかけるのが楽しくて、1日の隙間時間はネットを見ていたらあっという間に潰れてしまったのですが、最近は彼らがつまらないせいで読書の時間が増えました。
ネットから離れる時間が少しずつ増えて、毎日何かしら本を読んでいます。


続きを読む

◆楽しくウォッチング♡


ブログ読者の皆様、令和が始まりましたね。
平成では大変お世話になりました。令和でもどうぞよろしくお願いします。

元号が変わっても楽しく書き続けたいと思いますので、引き続きおヒマな時間に読んでいただけると嬉しいです。


さて、新時代の幕が開きましたが、時代は変わっても人間は変わることができませんね。
ネット詐欺師やインチキスピリチュアル教祖たちは相変わらず欲にまみれていますし、彼らの無責任でうすっぺらぁ〜い言葉に熱狂し、全財産を貢ぎ果たして、借金を作ったり家族を失うおバカさんは後を絶ちません。
おかげさまで私のような人間の愚かさや救いようのなさにどうしようもなく惹きつけられ、覗き見ることがやめられないウォッチャーも楽しみを失わずにすみそうです。


時代の変わり目は心機一転のチャンスではありますが、どこの誰に何を言われようと私はネットウォッチングとブログという趣味をやめられそうにありません。
あまり良い趣味とは言えませんが、私は皇族ではないのです。品行方正や清廉潔白を求められる理由はなく、趣味なぞ良くはなくたって構わないでしょう。

人間とは毒をたっぷり含んだ生き物であり、私はそれが面白くて仕方がないのですから。


続きを読む

◆砂を噛む


うぅ〜ん、目が痒いです。。。(ノ◇≦。) 
花粉の季節ですね。
私はかれこれ1年以上舌下免疫療法で花粉症の治療をしており、おかげで症状は軽くなっている実感はありますが、今年もアルガード(目の洗浄液)とハナノア(鼻の洗浄液)が手放せそうもありません。
ヨーグルトも毎日食べてます。

2月は本来1年の中で最も寒さが厳しいはずなのに、どういうわけだか今年は花粉が大乱舞するほど暖かくて連日いいお天気なので、4月中旬くらいの陽気です。

春は菜の花畑が目に眩しくて、桜並木の花に酔って、気持ちが浮き足立って昼も夜もお出かけしたい季節のはずなのですが、30歳を過ぎた頃に花粉症を患ってからというもの、春は冬以上に外出できません。
花粉のシーズンが終わるまでは外の明るい日差しが疎ましくさえあります。


続きを読む

↑このページのトップヘ