Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

カテゴリ: 子宮系女子

◇年内に何人信者が消えるかな?


こんにちは。
何だか世の中パッとしませんね。理由は言わずもがなですけど。

感染者が増えているとはいえ、そのほとんどは軽症か無症状。死者が出たとはいえ、大半は天寿を全うしたと思われる高齢者。
トイレットペーパーもティッシュも十分に生産されており、在庫も潤沢だといくら言われても買い占めに走る人々。

いや〜、本当に「不安」という伝染病って怖いですね。


さて、嫌でも気分が優れない毎日だからこそ、子宮系界隈観察に心が和むこの頃です。
だって、あの人たちはいつ何時も相変わらずですからね〜。


続きを読む

◇廃業までのカウントダウン


こんにちは。
寄稿記事が公開されたのでそれについて書こうと思ったのですが、今日は別の話がしたかったので別のことを書きますね。

ちなみに公開された寄稿記事はこちらから→女と見れば口説くのが礼儀だと考えるイタリア男子に遊ばれた、真美さんの話


この記事については補足で書いておきたいエピソードが色々とありますので、近々必ず書きます。


続きを読む

◇心屋、天宮、八木さや


こんにちは。冬の訪れを感じる寒さです。
さて、早速本題ですが、今子宮系ウォッチャー界隈で時の人がいるのですよ。

壱岐島移住をほんのり考えている八木さやファンの、42歳独身女性。
派遣社員としてサービス業に従事、手取り月収は15万円。福岡にお住まいで、アラフォーになってからようやく実家を出て、今はご本人曰く「安いビジネスホテルの匂いがする家賃3万円のボロアパート」で一人暮らしをされているそうです。
典型的な貧困氷河期世代ですね。


私が彼女の存在を知ったのは例によってTwitterから。少し前から5ちゃんねるでも話題の的だったそうですが、生憎と私は5ちゃんを見ないので、情報源はTwitter民の皆さんです。

続きを読む

◇貧困の果てに何があるのか


こんにちは。
昨日座談会の前編をご案内いたしましたが、後編の記事も今朝がた公開されていましたので、慌てて筆を取りました。
後編の公開ってもうちょっと先だと思っていたのです。すっかり勘違いしてました。


後編をまだお読みでない方はこちらからどうぞ→無責任な教祖たちに踊らされる子宮系女子が、追い詰められたその先にある懸念


後編は前編よりも内容が濃いかと思います。

続きを読む

◇語り合いました


こんばんは。もう既に読んでくださっている方も多いかと思いますが、トンデモ物件ウォッチャーの山田ノジルさんとスピリチュアルウォッチャーの黒猫さんと私の3人で、子宮系や壱岐島で起こっていることなどをあれこれ語り合った座談会の内容が記事になり公開されました。

まだ読んでおられない方はこちらからどうぞ→子宮系女子たちが続々と移住。いま壱岐島で何が起きている?


こうして私が山田ノジルさんの記事に登場することになるとは、何だか不思議な気持ちになります。
私が「子宮委員長はる」の存在と「子宮系女子」を初めて知った時、彼女たちの下品で荒唐無稽な主義主張には強烈な違和感と嫌悪感を感じたものです。その頃の子宮委員長はる(現在は八木さや)は膣内にジェムリンガというパワーストーンアクセサリーを挿入しっぱなしにすることを奨励していましたしね。
当然気色悪くて仕方がないわけですが、私に「はるちゃん」を勧めてきた友人とはもう20年来の付き合いでしたから、その友人の手前「こんな人おかしいし、この人たちの言うことややることは気持ちが悪い」とはっきり言えずにいました。


続きを読む

↑このページのトップヘ