Flat 9 〜マダムユキの部屋

主婦が綴る独り言です

カテゴリ: 子宮系女子

◇地獄味が深い家


こんばんは。
今日は1月の末日です。なにげにこの日を楽しみにしておりました。

何故なら、他人から借りた金で壱岐島にログハウスを建設中の假屋舞が、「1月末が支払い期限です」と言っていたから。


当初は、昨年のクリスマスが最後の支払い期限の予定だったのですよ。けれど、彼女はクリスマスまでに必要なお金を満額あつめられませんでした。

一方で、建設会社の方でも落ち度がありました。なんと完成間近になってから、2棟のログハウスをつなぐ渡り廊下の建設許可を取っていないことが判明したのです。
片方の棟にキッチンとリビングダイニング。もう片方の棟に寝室とバスルームがあるというヘンテコなデザイン上、2棟を行き来するための渡り廊下は必要不可欠です。
建設会社も随分といい加減ですよね。

お金を用意できなかった住宅の注文主と、工事に必要な申請をしていなかった建設会社との間で話し合いが持たれ、双方が「代金の支払い」と「物件の引き渡し」を1月末まで待つことで折り合ったようでした。


続きを読む

◇そして誰も居なくなってる


こんばんは。まいにち寒いですね。
うちは引っ越し作業も佳境に入り、家の中は段ボールだらけで殺風景。寒い上に寒々しいことこの上ないです。


冬って引っ越しに向いてませんね。梱包作業をしてても寒いし、鍋やお皿、調味料もついに箱詰めしてしまったので、これから食事は外食するしかないのですが、外に出るのが寒い。
特に夜は外出が億劫で仕方ありません。


はあ〜、早く春になってほしいし、早いとこ新居に落ち着いて、新生活を始めたいです。


続きを読む

◇漫画は終わっても、現実のカルトとの戦いは続きます


こんばんは。
先週の金曜日に、「LINEマンガ」アプリで配信されていたウェブトゥーン「妻が子宮カルトに沼りました」の最終話が配信されました。

連載期間は4ヶ月弱だったそうです。準備期間はその何倍もかかっていたのですから、なんだかあっけないですね。

詳しくはこちらから→【ご報告と御礼】ついに最終回「妻が子宮カルトに沼りました」


全25話のうち、現時点までに無料公開されているのは21話まで。私は課金して全話読了しましたが、今はまだコインが必要な話も、待っていてば順に無料公開されるようです。
無料で最後まで読み切ることができるなんて、ずいぶん良心的ですね。

子宮系スピリチュアルなんていう怪しげなカルトに沼る人が少しでも減るように、啓蒙の意味で無料公開するのかな?


続きを読む

◇教祖たちは年末年始もストレス溜めてて大変そう


こんばんは。
これといって目立った動きは何〜にもありませんが、い・ち・お・う、子宮系教祖たちの動向チェックは定期的にしております。ライフワークですからね。

そんな訳で今日も、子宮系スピリチュアルの始祖である吉野さやかと、壱岐島にログハウスを建設中の假屋舞のインスタとブログに、ささっと目を通しました。つまんなかったけど...。


年が明けてからはまだ2週間しか経っていませんが、特にこれといった変化が無いんですよねー。

「これといって何もない」のは、資金集めが停滞中だからなのかしら?

假屋舞の場合、お金が集まっていれば、「残りの1000万円が集まって、最後の支払いをしてきました!みんなありがとうー!」って報告があるはず。
だけど、今のところは集まったという知らせもなければ、焦っている様子も見られない。ちょっと中弛みしているのでしょうか。


続きを読む

◇カルマ粒を溜め込んでる教祖


こんにちは。
この1ヶ月の間というもの、假屋舞さんの動向にばかり目が奪われてしまい、吉野さやかへの関心が薄れておりました。假屋さんの方はドタバタ劇の終幕が来年に持ち越しとなり、スッキリはしませんがともかく一段落ついたので、久〜しぶりに吉野さやかのインスタを見に行ったら、流産が報告されていましたよ。

こちらから→吉野さやかインスタ


はいはい、了解です。いつも通りですね。
では次の妊娠と流産の定期報告は、また来年ですね〜。


続きを読む

↑このページのトップヘ