カテゴリ: 毒漫画

■怖い、怖すぎる

このニュース↓が気になりました。 

注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。

 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。

 検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、顔には大きな傷が残った。

 全文はこちら→朝日新聞「プチ整形」まさか失明「鼻を高く」未承認剤の注射後


続きを読む

■過去の投稿

夫(←毒漫画好き)に「過去の毒漫画もブログに出したら?」と言われたので、一昨年描いてFacebookに載せたのを転載します。

そーいえば最近「ゆるふわ」とか「モテ〜〜」とか聞かなくなりましたね。
紙媒体のメディア衰退により、こういう言葉を多用していた女性向けのファッション雑誌が廃れちゃったからかな。

まあ、なんにせよやたらと「モテ」や「男ウケ」を追い求める風潮が下火になったのはいいことですよ。

では、どーぞ↓

 続きを読む

■6月の誕生石は真珠らしいよ

真珠は石という感じがしないのですが、6月の誕生石は真珠らしいです。

6月の誕生石が真珠と決められたのはジューンブライド とも関係があるのでしょうか?
花嫁衣装に付属のアクセサリーってイメージですよね。


真珠ってなんだかフォーマル過ぎて、若い頃は好きじゃありませんでした。

だから、学生時代に友達と鳥羽(真珠の養殖が有名)へ遊びに行きましたが、真珠は1粒も買わずに帰ってきてしまいました。
あの時代はまだ貴金属のアクセサリーが今よりもずぅうーっと安い時代だったので、今思えば何か買っときゃよかったな。

学生時代におつきあいしていた彼氏が買ってくれたパールのピアスも、別れた時にとっとと捨ててしまいました。モノに罪は無いのにどうしてそんなもったいないことをしたんだろう。
←こういう意地汚いことを考え始めるとババアになった実感がある


続きを読む

■復帰作です

私はFacebook最近見てません。

いえ、正確には以前ほど熱心に見てません。 つまらないから。


Facebookは元々はプライベートで利用していましたが、次第に本当の友達では無いけれど名刺交換代わりに会った人たちと「友達」になっていき、そのうち「ビジネスに活用」とかで会ったことも無い人たちと「友達」になりました。


続きを読む

■1年前の毒漫画

またしてもFacebookの過去の思い出をチェック機能で上がってきた、1年前の今日描いた毒漫画です。
これもせっかくなのでブログに転載しておきます。
文章は加筆、修正してあります。


では、どうぞ↓



【毒漫画〜人生の真実】

こないだ40代半ばの女性とお話しをしてて、彼女が若い頃どんだけ弾けてたかという武勇伝を聞きました。

田舎(高知)の高校を卒業した後は都会へ出て、派手な化粧とファッションを覚えて大学デビュー。外を歩けば毎日必ずナンパされ、男にもお金にもちっとも困らない面白おかしい毎日。

そんな調子だったので、真面目にコツコツ生きているのがバカらしく、名のある大学を出たにも関わらず就職も結婚もせずにフリーター生活へ突入。小銭が貯まると世界中に旅行へ出かけてみたり。

 
続きを読む

↑このページのトップヘ