カテゴリ: 毒漫画

■美人になるかどうかは死ぬまで分からない

幼少時代は並外れて優れているように見えても、成長するにつれて平凡な人になってしまうことの例えを


 十で神童、十五で才子、二十歳過ぎればただの人


などと申しますが、これは美少女にも言えることだよなぁと思います。


子供というのはただ子供であるというだけで、顔の造作はどうあれ可愛らしいものです。 けれど中にはまるで人形のように目鼻立ちが整っていて、ハッとするほど可愛い子供もいます。

そういう子は将来一体どんな美人になるんだろう、芸能界デビューしちゃうのかしら?なんて思いますが、実は子供の頃にドギマギするほど綺麗な子って意外とキレイな大人にならないんですよね。
不思議です。


続きを読む

■ハンドメイドのワンピース

今日は汗ばむほどの陽気でした。あと1ヶ月で今年も終わりだとは信じられないほどの暖かさです。
冬が来ている気がしないので全くクリスマス気分も年末気分も盛り上がりませんが、早々と今年を振り返ってみました。


私は性格が歪んでいるわりには人を見る目がなかったり、しばしば間抜けなことをやらかしたりしているので、夫に「あなたはそんなんでよく一人で海外生活できたね。本当にロンドンで一人暮らししてたの?」なんて言われていますが、まあ人生なんとかなるものです。

異性同性年齢人種を問わず、私のことを心配しせっせと世話を焼いてくださる周囲の方々のご好意に厚かましく甘えることで無事にここまで生きてきました。
 

私は他人のイタさも笑うけれど自分のイタさも公開して笑える図太さがあるので、イタイ経験は毒漫画のネタにして回収します。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



続きを読む

■子宮系の転落が始まっております

*ヲチる=watchる。 →観察するの意

 
さて、当ブログで度々取り上げネタにしている子宮系女子ですが、どうやら最近雲行きがあやしいようですよ、奥さん。(* ̄∇ ̄*)

教祖の子宮委員長はる夫妻は最近続けざまに本を出しており勢力を拡大しているのかと思いきや、どうやら本は期待ほど売れておらず、夫婦仲も悪くなってるみたいだし、イベントもドタキャンしたりと活動が行き詰まってる様子。


続きを読む

■サムくてうすい友達の輪!

こないだの毒漫画でも友達が500人居るのに投稿(ブログのリンク)にいいねが0の残念な人の話をしました。
いくらなんでも0というのはなかなかの猛者ですが、いつも「いいね」が100くらいはついてて一見人気者っぽく見える人でも、中には友達とフォロワー合わせて4000人を越えていたり分母がやたら大きい人たちがいます。
そう考えると、割合的にはたった2〜3%の人しか「いいね」をしてないのです。


おい、4000人の「友達」は何見てんだよ?(ノ`Д´)ノ 


って疑問に思いませんか?


続きを読む

■誰か奴を止めてやれ

先ほど「私も含めみんな夢から覚めて来たみたいね」という内容の毒漫画を投稿しましたが、ついでと言ってはなんですがそれでも夢から覚めない男の話をしようと思います。


リアルな知り合いなのですが、その人は50代の冴えないおっさんです。 
一昨年知人に勧められて受けたビジネスセミナーで、同じ受講生として知り合いました。

知り合ったばかりの頃はメッセージのやりとりなどして相手をしてあげていたのですが、あまりにも話が伝わらないというか頭が悪いので次第に嫌気がさしシカトを決め込むようになりました。

続きを読む

↑このページのトップヘ