カテゴリ: つれづれ日記

■ちょっと買い物しすぎちゃった

高知はいいお天気ですが、大阪は雪みたいですね。こんにちは。
いやー、イベントを終えて昨夜高知に帰ってきましたが、大阪に雪が降りだすのがイベント終了後で本当に良かった。
雪が降ると交通機関が乱れるでしょうから無事に高知まで帰れたかも分かりませんが、それより大雪だったらイベントに客なんて来やしないでしょうから売り上げが悲惨なことになるところでしたよ。ひゃー怖いっ!


Creema Craft Partyは大阪という大都市で開催されるものの、大阪には大阪Art&Handmadeバザールという老舗のイベントが12月のクリスマスシーズンに開催されているそうで、その後に開催されるCreemaにはお客さんが少なく、財布の紐が固くなっているのは毎年のことなのだと他の出店作家さんたちに教えていただきました。

「たいした売り上げが見込めないのは分かっているけど、1月は他に出るべきイベントもないし、夜はCreemaが用意してくれるパーティもあるし、全国の仲間たち(作家さんたち)と交流して情報交換するための新年会だと思って来てるんだ。」

だそうです。なるほどね〜。


続きを読む

■日常が一番ホッとします

すっかり遅くなりましたが新年おめでとうございます。みなさん楽しいお正月をお過ごしになりましたでしょうか?

41


私は主人と着物を着て近所の神社へ初詣に行った以外は、元旦はおせち食べてお酒飲んで寝てました。
子供達は前の旦那さんのところに行くので、私たちは静かな大人の正月を楽しみましたよ。


続きを読む

■年末ですから

こんばんは。紅白見ながら今年最後のブログ更新です。
今週は更新をサボってましたが、サボって何をしていたかというと年末なのでただ普通に忙しかっただけです。

年賀状書いたり、バイト先の大掃除に行ったり、クリスマス終わっちゃったからお店のウィンドウディスプレイを変えに行ったり、 お正月は兄家族が帰省するので甥や姪にプレゼントとお年玉の用意をしたり、子供は冬休みだから家族で出かけたり、年末のバーゲンに買い物行ったり、年越しそばにおせちやお餅など新年を迎える準備をしたり、そういう普通のことを普通にしているうちにあっという間に一週間が過ぎてしまいました。


続きを読む

■だから着物

ちょきちょきちょきちょき。
着物をほどいているのです。

いえね、実家の和ダンスに祖母のお古の結城紬(ゆうきつむぎ)が眠っていたのですが、それを引き取ったのです。

image

袷(あわせ)の着物だったのだけど紬は単(ひとえ)がいいなと思い、仕立て直しに出そうかと思って、思い直しました。

仕立て直すためにお店へ出すんじゃ無くて、いっそ自分で仕立ててみたいなと。 

そこで和裁を教えてくれる教室を調べて通うことにしました。先生に「着物をほどくのも勉強になるから一度自分でほどいてごらん」と言われ、ちょきちょきちょきちょきハサミで糸を切っているのです。


続きを読む

■手入れできるものだけ持つ

なんだか冬らしい空模様で寒い。
たまにお湿り程度の雨も降るものの、近頃は天気が良く乾燥しているので、お古の着物たちを引っ張り出して虫干ししている。

虫干しの前に手持ちの着物を改めて全て引っ張り出し、よくよく考えて着ないものは処分することにした。
ここのところ着物が増えすぎたので桐ダンスを買おうかどうしようか迷っていたのだけれど、やはり家具を増やすと邪魔になる。
山ほど持っていても着物を着る機会がそう頻繁にあるわけでもなし、定期的に虫干ししたりたとう紙を変えたりする手入れが負担にならない範囲内で持ち、気に入ったものだけを大切にしようと思ったのだ。
 

続きを読む

↑このページのトップヘ