カテゴリ: つれづれ日記

◆センテンス スプリング バズーカ 

おはようございます。週刊文春と菊川怜さんが気になってつい昨日も今日もとくダネを見てしてしまいました。(/ω\)

菊川さん浮かない顔というか冴えない顔色されてますね〜。
本来なら結婚前の一番ウキウキして幸せな時期ですから、ほっぺたは薔薇色に上気して黙っていてもうざいくらいに幸せオーラ振りまいてる時期なんですけどね。


 情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)のキャスター・菊川怜(39)の結婚相手で、IT長者の穐田誉輝氏(あきたよしてる・48)に3人の婚外子がいたことを先週号の「週刊文春」が報じたが、さらにもう一人の婚外子の存在が「週刊文春」の取材により明らかとなった。

 穐田氏は高山千明さん(仮名)と伊藤亜矢子さん(仮名)という2人の女性との間に2012年、ほぼ同時期にそれぞれ子供をもうけていた。千明さんとの間には15年に第2子ももうけている。千明さんは妊娠中に別の女性のお腹にも子供がいることを穐田氏本人から知らされ、安定期目前にも拘わらず、自殺も考えるほどに傷つき、精神科に通ったという。

 今回、"第4の婚外子"を出産していたことがわかったのは、30代女性・中上慶子さん(仮名)。穐田氏と出会ったのは彼女が高校3年生だった2004年2月。穐田氏は妻帯者でありながら、地方在住だった女子高生の慶子さんを都内のウィークリーマンションを借りて住まわせていた。20代になった彼女が妊娠すると認知を拒否し、出産費用として100万円を支払ったものの、ずっと養育費を支払おうとせず、その後、突然連絡を絶ったという。

 穐田氏に弁護士を通じて事実確認を求めたが、回答は無し。菊川にも所属事務所のオスカーを通じて問い合わせたところ、「(第4の婚外子についても)菊川は知っています」とだけ答えた。
 穐田氏は「カカクコム」や「クックパッド」という東証一部上場企業の社長を歴任し、現在は「みんなのウェディング」「オウチーノ」という東証マザーズ上場企業2社の取締役会長を務めている。「みんなのウェディング」の株価は4月28日に菊川が入籍を発表すると、値を上げ、5月1日には一時ストップ高をつけた。投資家であり経営者である穐田氏の活動が、人々の投資行動にも影響を与えているのは明らかだ。

 詳しくは5月18日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

文春オンライン


続きを読む

◆衝撃を受けております

子宮委員長はる夫妻に傾倒してた友人が、はる夫妻が離婚を前提に別居したあたりからようやく目が覚めたらしかったのに、現実に目覚めたのではなく単にのめり込む相手を乗り換えただけということが分かりました。しかも、はる夫妻よりもっと悪い相手に。

それがこの人です。

55


自称生き方を魅せるビジネスコンサルで、1000万円払って弟子になれば8桁事業者になれるそうです。

投稿内容はチンケなポエム。

フォロワーが7656人もいるけど、日本語を読めそうもない外人アカウントばかり。

07


続きを読む

◆整形していなくても自意識が肥大した女はモンスター

Facebookって「過去のこの日」という、自分の投稿がタイムラインに上がって来ますよね。
5年前の投稿がちょっと面白かったのでここに加筆、転載しておきます。
当時はFacebookを始めたばかりで使い方がわかっておらず、こんな長文を投稿していたんですねw



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「モンスター 百田尚樹 幻冬社文庫」読了。文芸を久しぶりに読みました。
ストーリーは田舎町で畸形的に醜かった女の子が上京し、美容整形に目覚め、風俗でお金を作り大金をつぎ込んで絶世の美女に変身。そして郷里へ戻り復讐と初恋の人への情念の炎を燃やす。
まあ、ありがちですが読ませる力のある本でした。



百田 尚樹
幻冬舎
2012-04-12



読みながら途中で昔親しくしていたある友人の顔が思い浮かびました。
彼女は美人に属する顔立ちで頭の良い女性でした。けれど美貌の持つ神通力を過信し過ぎていた事と、自信過剰であった事、あまりに純粋過ぎる性格で男性とのお付き合いはいつも思うようにいきませんでした。
せめて地味でも真面目で誠実な男性が好みならば問題は無かったでしょうが、たいへんな面食いであったためイケメンでチャラい男が好みだったのです。


続きを読む

◾️ぐっさり刺さります

近頃全然ブログ書いてないのに読みに来てもらっててすみません。こんばんは。
近頃じゃブログの管理ページも開かなくなってPVも全然気にしなくなっちゃったんですが、なんも書いてないにも関わらずこのブログには毎日数百人ものご訪問があり、恐縮至極でございます。


最近なんで書けなくなっちゃったかというと、本を読んでるんですよ。友人が貸してくれた昔の古い小説なんかを。
小説家が権威のある職業として成り立っていた頃の先生方が書いた文章って、情緒があって美しいですね。大衆小説であっても深い教養や知識、経験の裏付けがなければ書けないようなお話で、その人としての厚みや人生の厚みがあってこその厚みのある文章を読んでいたら、
もう自分がぺらっぺら過ぎて何も書けないって気持ちになりますよ。 (/ω\)   



続きを読む

■ハマる理由も迎える結末もだいたい同じ

お久しぶりです。こんにちは。
「ちょっと、元気なのぉ〜?」 と先日友人から安否確認の電話がかかってきました。
えぇ、普通に元気ですよ。ブログ書いてないのは子供が春休みだからです。


娘は塾の春期講座にも通わせていますが、私も毎日張り付いて自主勉強もさせてましてね。
ただそうやって私や主人が勉強みてやっても「ちょっとマシ」になった程度で、息子の時とは違い100点の答案用紙にも成績上位者のランキングにも縁がなさそう。。。( ̄∇ ̄)


こないだの塾の模試で1位だった子は知り合いの女の子で、ランキング表に名前を見つけると「すごいな〜。うらやましいな〜。」って正直思ってしまいますね。
でも、よその子を羨ましく思うことがナンセンスで意味のないことだってことはよく分かってるんですよ。娘本人は全然気にしてない様子です。
そうでしょうとも。私だって自分自身が子供だった頃は、自分が他の子と比べて頭が良いか悪いかなんてぜぇ〜んぜん気にしてませんでしたからねー。


続きを読む

↑このページのトップヘ