Flat 9 〜マダムユキの部屋

主婦が綴る独り言です

カテゴリ: つれづれ日記

◇やっと一息つきました


こんにちは。
新年度が始まりましたね。

お知らせしておりました通り、夫の転勤に伴い先月末から新天地での生活が始まりました。
今回は借り上げ社宅ではなく、会社所有の物件に入居することになったため、住めるようにするまでが大変。(;´Д`)

前任者が単身赴任のおじさんだったので、ろくに手入れも掃除もされていなかったんですよ。
入居初日は顔が引きつってしまいました。


家の修繕は自分たちでできるところはできるだけのことをして、難しいところは近くの工務店にお願いすることになりました。
例え数年の間とはいえ、気持ち良く生活したいですからね。頑張りますよ。
GWまでには、こざっぱりした心地よい家になっていることでしょう。


続きを読む

◇栄枯盛衰


こんにちは。
今月は寄稿記事の紹介のためにしかブログを書けていないまま、もう月末です。

先週はちょっと用事があって高知に帰っておりました。
ゆっくりすることはできなかったのですが、高知は出かけた先々がどこも混んでいて、夜の繁華街も賑わいがあって、元気で良かったと思いました。

高知県は高知市に人口がギュッと集中しているので、高知市内は人も店も多く田舎のわりには活気があるんですよね。
ほどよく賑やかで、これといった不便もなくて、住みやすいところだと思います。
そして高知県民は飲み食いが最大の娯楽なので、食べ物が美味しいのが一番の魅力です。


続きを読む

◇今日はひぐらしが鳴いてましたよ


こんばんは。今月上旬は体調がいまいちで熱を出したりもしていましたが、徐々に回復し、今日は久しぶりに心身がすっきりさっぱりしていて元気です。

今年は梅雨が重いと言いますか、今月は激しい雨の日が多かったせいもあり体調が優れなかったのかなと思われます。

若い頃はお天気と体調は無関係でしたが、年齢を重ねてくるにつれ雨の日は体が重く感じられたり軽い頭痛がするようになりました。超高齢化社会において40代はまだ若いと言われますが、それでも肉体的には老いを実感する毎日ですね。

ティーンエイジャーの娘を見ていると「生命力が詰まっているなぁ」と眩しく感じます。一方「私に詰まっているのは思い出だなぁ」と、鏡を見ていて思います。

まあ、思い出話を書き綴ることでお金をもらえるようになったのですから、若さが抜けて思い出が詰まっていくのも悪くないと思ってますよ。


続きを読む

◇疲れているので


こんにちは。いきなりですがヘトヘトに疲れています。
コロナで職場が休業中の頃は心身が疲れなさ過ぎて不眠症になっていましたが、withコロナの新しい日常が始まってみると今度は忙し過ぎて、疲れてぐっすり眠れるどころか疲れ過ぎて死んだように寝ています。

ここのところ疲れていてブログを書く気力がないと思っていましたが、今日は疲れ過ぎてむしろ何か書きたい気持ちになりました。


本当はまた寄稿記事が公開されているのでそれの宣伝をしないといけないのですが、今は疲れすぎているのでまた次回に。


続きを読む

◇社会復帰


こんばんは。
5月も今日で終わりですね。いや〜、今年の5月は長かったです。
歳を取れば取るほど月日の流れは速く感じるものなのですけど、今年の5月は小学生の頃に感じたのと同じくらい時間が長かったですね。

子供の塾や学校はすでに始まっていましたが、私も明日からやっと通常通りに働けるようになります。
とはいえ、仕事に戻ってもコロナ対策で業務が煩雑化していたり、変わっていたりで、休業前と元どおりというわけではありません。仕方ないですね。
未だコロナの影響下にある日常には、ただ慣れていくしかありません。


続きを読む

↑このページのトップヘ