カテゴリ: 私について

■エリ

帰れない女達part 2の続きです。 

ロンドンで何も得るものが無いままただズルズルと居着いて歳を取ってしまう女達は山ほど居ましたが、特に印象に残っている女性達の話をしましょう。


エリさんはロンドンで通った美術学校で知り合った、7歳年上の大人のお姉さんです。
美人という訳ではないけれど、腰まで揺れる長い髪が女らしく、朗らかで愛嬌があり、ふっくらとした頬や柔らかそうな身体から色気を感じる女性で、一緒に食事に行ったり遊びに行ったりと親しくしてもらいました。 

同性の私から見てもチャーミングな人でしたが、男性からもモテるけれど本人も男好きで、たまにしか会いませんでしたがいつ会っても男性問題をこじらせていました。 
なんだかそういうところも憎めず面白くて、学校が変わっても連絡を取りあっていたのです。


続きを読む

■どこにも居場所が無い人達
 
帰れない女達part1の続きです。

お金持ちで、世間知らずで、社会経験が無いままトウが立ったお嬢様か、仕事にやりがいが無く結婚の予定も無い20代後半の元OL。

それは当時ロンドンに語学留学してくる日本人女性の最も典型的な例でした。


私が出会ったお嬢様は不思議な方が多かったです。

彼女達の大半は20代後半から30代前後でしたが、留学の目的がよく分かりません。

お金はかかっていそうだけれど形容のしがたい個性的なファッションを楽しんでらっしゃる方が多く、日本語は話せてもお互いの常識が違うので話が通じないと感じ、彼女達と仲良くなることは出来ませんでした。


続きを読む

■帰れない女達

明日はせっかく楽しみにしていたFieldや、年内最後のおびさんマルシェがあるというのに、


皆さん、ついにですよ!明日は楽しみですねっ!ヾ(´ω`=´ω`)ノ


とテンポよくふざけたブログが書けません。 

パリで起こったテロのニュースを見ては物思いにふけってしまいます。 


日本はアメリカの同盟国だし、どうしても欧米よりの報道になりフランスが被害者のようでありますが、テロが決して容認されない卑劣な犯罪だとしても、何故フランス国籍を持つアラブ系移民の若者がイスラム過激派のテロに加担するのか、その土壌に思いを馳せるのです。


続きを読む

↑このページのトップヘ