カテゴリ: ハンドメイドについて思うこと

◆「ディスられた!」とディスられたので反論を書きます

おはようございます。海の日ですね、今日も暑いですね。
私もこの暑さに負けない熱量で、この湿度に負けない密度で、海の青さに負けない冷静さでブログを書くべく早起きいたしました。


さて、私が以前に書いた記事「趣味起業って何?」で取り上げた戸田 充弘氏ですが、私の書いた記事がお気に障ったようで、「ディスられた!誹謗中傷された!」とお仲間と盛り上がっておいででした。

不倫や浮気で悩む女性のための夫婦円満カウンセラー(世の中には様々なお仕事があるものですね)とおっしゃる女性と一緒になって、私のことを指し「暇なんでしょうね〜」ですって。



不思議なのですが、どうしてこの手の方々は「事実の指摘」を誹謗中傷とすり替え、指摘された事実について反論があれば証拠を提示すれば良いだけなのに、相手の人格攻撃をしたり「そのエネルギーを他のことに使えばよいのに」と論点をすり替えるのでしょうか?


よくある手口です。自分に原因があるとは一切考えない彼らのこうした行動についてはこちらの記事に書いてあります。→カリスマ講師と信者たちの実態


続きを読む

◆暑くて溶けそう

こんにちは。梅雨明けしたのか、カラッとして気持ちのいい夏の昼下がりです。
今年の夏も暑くなりそうですね。暑いけれど太陽がまぶしい季節の高知は好きです。


さて、買い物に行きたいのですが今外へ出ると強烈な日差しに焼け死にそうなので、日差しが和らいでくる時間まで風に吹かれ、冷たいコーラを飲みながらブログを書こうと思います。

バラデン コーラ 250ml (イタリアンコーラ)
バラデン コーラ 250ml (イタリアンコーラ)


家族にコーラ飲みすぎって注意されちゃうんだけど、飲んじゃう。だって暑いと甘いものが欲しくなるんだもの。
昨日は無性にケーキが食べたくなって買いに行っちゃいましたよ。オレンジのケーキは甘酸っぱくてさっぱりしました。

image

続きを読む

◆前からずっと気になっていました

こんにちは。頭も体も心もだるいです。
今日は少し晴れているのですが梅雨明けはしておらず、空気が水分をたっぷりと含んで重い。
暑さはまだそれほど気になりませんが、空気中を漂う目に見えない水滴に気力も体力もやる気も何もかも吸い取られてしまいます。

そんな私の夏のお供はこちらのイタリアンコーラ。


バラデン コーラ 250ml (イタリアンコーラ)
バラデン コーラ 250ml (イタリアンコーラ)

私はブドウ糖果糖液糖と各種添加物を炭酸で割った近頃の炭酸ジュースのたぐいは嫌いなのですが、このコーラの材料は、砂糖、レオン果汁、オレンジエキス、レモンエキス、キノットエキス、コーラナッツエキス、シナモンのみとシンプルで、スッキリとした素朴な味わいがお気に入り。

冷たいものの飲み過ぎはよくないと分かってますが、こう暑いとついつい甘くて冷たいものが飲みたくなりますね。
私と同じ高知県民は地元のスーパーへ行ってください。サンシャイン・クレアで売ってます。


梅雨の湿気に負けてここしばらく更新が鈍くなっていたこのブログですが、今日はずっと前から気になっていることがあり、それを書いて少しでもスッキリした気分になろうと思います。



続きを読む

◆自滅するカリスマと信者たち

おはようございます。話が脱線して書いた電車の痴漢の話が結構ウケてて気を良くしている土曜の朝ですが、セミナーの話に戻ります。

今回セミナーの実態についてあれこれと書いてみて気がつきました。一連の記事には反響がありハンドメイド作家の方々からもコメントやメッセージをいただいたのですが、私が高知にお招きしたコンサル先生はじわじわと嫌われているようですね。

まあ、あれから2年も経ってますし、メッキが剥げてきちゃったのでしょう。


未だに「センセイは素晴らしい!私のメンターです!センセイは本物です!」

と一生懸命ヨイショに励んでいる一部の信者たちは、同じ穴の狢(むじな)同士で盛り上がり、信者以外の人たちからは冷ややかな目で見られています。


もうずっとコンサル先生の動向は目に入れないようにしていたのですが、今回一連の記事を書くにあたって久しぶりにまだ濡れ手に粟でセミナービジネスをしていらっしゃるのか、動向を調べてみようとコンサル先生の名前で検索をかけたところ、名前を打ち込んだだけで出てくるサジェスチョンがまあ、ひどいこと。

上位表示が「嫌い」」「胡散臭い」「批判」「信者」「2ch(2ちゃんねる)」とネガティブワードのオンパレードなのですからびっくりします。
きっとそれらの言葉と組み合わせて検索する人が多いのでしょう。


続きを読む

◆セミナージプシーという太ったカモ

おはようございます。今日は、私が高知にセミナーを招致したコンサル先生に対して、決定的な嫌悪感を感じた出来事をお話ししたいと思います。

その出来事をきっかけに、「この人のしていることは人を騙す仕事だ。私がこの人を支持したのは間違っていた」と嫌でも目が覚め、過ちを認めざるをえませんでした。


その出来事とは、その先生が見るからに怪しげな自称ビジネスコンサルの中年女性とコラボでグループコンサルをしたのです。それも法外な値段で。

その怪しげな女性をここではA女史としましょう。コンサル先生はそれまでにもA女史と一緒にコラボセミナーを度々開催していました。その時点ではまだ法外というほどの料金でもなく、私はコラボセミナーというものにも注目していませんでした。


けれど、ある時コンサル先生とA女史とのコラボコンサルの告知文を見て目を疑いました。

起業女子のためのコラボコンサル、そのお値段はなんと
88,888円!


続きを読む

↑このページのトップヘ