◇それもこれも自己責任なんですか?


こんばんは。
またしてもブログに書かなければいけない話題が渋滞気味です。
やらないといけないことが多すぎて、何にも追いついてません…。

ブログもじっくり書いている時間がないので、ざっとした書き方になりますが、ご了承ください。m(_ _)m


では、まずは寄稿記事の紹介からです。
マイナビバイトさんに寄稿した記事が公開されましたので、まだお読みいただいてない方はどうぞ。

こちらから→「私は頭が悪いから」アルバイトを辞める日にそう言った、忘れられない同僚の思い出


こちらの記事は、公開するやいなや予想もしていなかった大反響をいただきまして、書いた本人が驚きを通り越しております。

よもやよもやの、人気記事ランキング初の1位ですよ。Σ(・ω・ノ)ノ

スクリーンショット 2021-11-19 22.37.02
ちなみに、先月公開された記事もランキング3位にまだ入ってますね。
何でなのかなと考えてみたのですけど、最近の傾向として、恐らく「貧困」や「格差」を描いたコンテンツがヒットしやすいのだと思います。

もちろん、それを狙って書いたわけではありません。
マイナビさんへは「パート・アルバイト」というキーワードで書かなければならないので、自分にとって印象深かったパート先での思い出を、まるっとそのまんま書いただけです。


まさか現職の東京都副知事からもコメントを頂くとは思わず、大変恐縮いたしました。



FullSizeRender

宮坂さんの他にも、ツイッター上で数万人から数十万人のフォロワーがいらっしゃる著名な方々が、「なぜ公的な支援の網からこぼれてしまう人がいるのか、とてもリアルに描かれている」と、この記事についてツイートして下さいました。

大変ありがたいことです。
ツイートのリンクを貼ろうと思ったのですが、リプ欄がなかなかの地獄だったのでやめておきます…。


この記事を紹介した私自身のツイートにも多くの方々が引用ツイートやリプライでコメントを寄せてくださったのですが、概ね「日本の福祉制度は、本当に必要な人たちに支援が行き届きにくい仕組みになっている。どうにか改善できないものなのか」といった内容の優しいご意見でした。


けれど、万単位でフォロワーがいらっしゃる方々のツイートには、


「この記事中の遠藤さんは甘えている

「ちゃんと文書を読んで、日頃から情報収集していないのが悪い

「私は頭が悪いからと逃げている

「だから教育は重要なんだ。努力して公的文章を読みこなせる学力を身に付けなかった本人の自己責任


などなど、厳しいご意見がずらりと並んでいて、

「わざわざ読みに行かなきゃ良かった…」と後悔しました。(´;ω;`)


日本人て骨の髄まで自己責任論が染み込んでるんですね…。

この記事は多くの人の目に触れたのですから、色々なご意見、様々なご感想があるのは当然です。
それについて反論しようとは思いませんし、第一私の中にも答えはありません。


私は遠藤さん(仮名です)とその後連絡をとっていないし、同僚に聞いても誰も消息を知らなかったので、今どうされているのかを存じません。
ですから、この話がどういう結末になったのかを知らないし、結論もありません。

言うなれば、読者の皆さんに投げっぱなしの記事なのです。
私はただ、「こんなことがありました」という思い出を綴っただけなのですが、それでも「知ることができて良かった」「考えるきっかけになった」というご感想を多く頂きました。

そう言っていただけただけで、書いて良かったと思います。
お読みいただきありがとうございました。