◇そんな男捨てちまえYO!


こんばんは。
先日はあちゅう&しみけん夫妻に言及(しみけん氏が女性用風俗店をプロデュースしたと聞いて)したところ、Twitterのお友達から「最新情報ですよ」と、はあちゅうさんのブログ記事を紹介され、衝撃を受けたので再度言及することにしました。

こちらからどうぞ(リンク先は魚拓)→みんなのナンバーワン梅おやつを教えて


お読みになられましたか?
「みんなが美味しいと思う梅味のおやつを教えてね」という、一見すると牧歌的なテーマの記事なのですが、私がゴフッとみぞおちに来たのは最後の下りです。



※すっぱいものの話をすると「2人目?」

ってよく聞かれるんですが、

 

まだそういう可能性はゼロ

(夫婦間フィジカル接触ゼロ記録更新中)なので

2人目ではないです!!!よ!!

 

さらっとすごいこと書いたかもしれん


要するに、「夫と子作り(セックス)してないのだから、妊娠している可能性はありませんよ」ということなのですが、おいおい、書き方!
もう、やけっぱちになっているかのような印象です…。

夫婦間フィジカル接触ゼロって、セックスどころか肉体的な接触が一切ないということでしょうか?
チューしたり、ハグしたり、腕枕をしてもらいながら添い寝したりのスキンシップすらも全く無いということ?

しかも、その記録を更新中ということは、そういう状態になってすでに長いということですよね。触れ合わなくなって1週間やそこらでは、こんな書き方をしないでしょうから。


どういうことなのでしょうか?
てっきり、通常は夫婦合意の元でセックスはレスだけど、今現在は第二子の妊娠を目指して励んでいらっしゃるものとばかり思っていました。だって妊活中と聞いていたから…。

第一子の妊活に励んでいた頃は、「今は妊活中なんですけど、彼に集中力があって助かってます。うふふ♡」とインタビューに答えていて、楽しそうに妊活していらしたのに…。


私は、はあちゅうさんの動向を逐一追いかけていないのですが、はあちゅうさんの発信内容をきちんとフォローしていらっしゃるドクダミ淑子さんのブログを読んで、彼女が8月に卵管造影剤を入れる検査をされていることなどを知りました。

ドクダミさんのブログはこちらから→はあちゅうさんの第二子妊活宣言で、再び妊活を見せものにするのかとモヤモヤが止まらない


妻が第二子を望んでいて、痛みに耐えて卵管に造影剤を流し、通りが良くなって妊娠しやすい状態になっているというのに、全く妻に触れていないって、しみけん氏は一体どういうおつもりなの?

「今日は排卵日だから、早く帰ってきてシテ欲しい」などと妻に迫られると、男はゲンナリしてヤル気が無くなってしまい、かえって妊娠が遠ざかってしまう問題は、昔からある夫婦間のすれ違いの定番ドラマです。
けれど、しみけん氏は確か、以前SPAという週刊誌でこのように語っていたのですよ。
「妻がしたいのに夫にその気がないセックスレスは、男の側が努力すべし。AVを見たり、エッチな想像をしながら、無理をしてでも妻のために頑張ってヤル!集中力が大事!」だと。



本当はしたくないのにAVを見ながら無理やり勃起して、目をつぶって他の誰かとエッチしてる想像をしながら頑張って妻に挿入するって、妻にしてみれば随分と屈辱的な話だなと、読んでいて呆れた覚えがあります。
そんなことを頑張られてもちっとも嬉しくないばかりか、むしろ悲しくなってくるだけですよね。かえって夫婦仲に亀裂が入りそう。

それでも、もし仮に妻の方でも愛情の確認や夫婦間のコミュニケーションとしてのセックスは求めておらず、ただただ「子供が欲しいので精子のみ下さい」と思っているのであれば、それでも構わないのでしょうが…。


果たしてはあちゅうさんは、それでいいのでしょうか?
いや、夫婦間フィジカル接触ゼロということは、そんな風に頑張ってすらもらえていないということですよね…。

これもドクダミさんに教えていただいたのですが、しみけん氏は仕事で忙しく、家には寝に帰るだけ。夜しかコミュニケーションを取る時間が無いのに、はあちゅうさんは繊細な夫に気を使わねばならず、夜は夫の寝室へは立ち入り禁止で、物音を立ててもいけないそうです。

えっ、何それ?


何なのそれ?(゚ロ゚;)



彼は育児にも妊活にも全く協力していないじゃないですか。
はあちゅうさん、そんな男が夫で本当にいいの?

私は赤の他人だし、はあちゅうさんのことをちっとも好きじゃないけれど、それでも腹が立ってくるくらい夫としてのしみけん氏はひどいと思います。


「おまっ、結婚したからには責任取れよ!子供作ったからにはやるべきことやれよ!」

って、思いませんか、世の奥様方?(ノ`Д´)ノ


でもね、だからと言って、ネットに「夫婦間フィジカル接触ゼロ記録更新中!」なんてことをわざわざ書く方も、どうかしてると思います。
そんなこと書かれたら、しみけん氏の立つ瀬がないじゃない。彼にだって社会的な立場というものがあるのよ。


なんというか、子供が生まれたのに父親であるしみけん氏は子供のままだし、結婚したのにはあちゅうさんは自己中のままですね。


口では何と言っていようと、結婚生活が幸せかどうかは見た目に現れます。
私が観察している子宮系教祖のさやりんごも、はあちゅうさんと同じで明らかに不幸せそうな顔になっていますよ。

FullSizeRender


ここここ怖いんだけどっ!。・゚・(ノД`)

こちらもはあちゅうさんと同じで、大丈夫?病んでる?
って心配になってくるほど、面やつれが目立ちます。


さやりんごは、いつも側にいて支えてくれるパートナーと、一緒に暮らしてくれる家族が欲しかっただけなのに、けっきょく今の旦那さんとは入籍しても他人のまま。近くに住んでいるのに遠い存在のようです。
彼と結婚してからの方が、さやりんごは情緒不安定になったように見えますね。


はあちゅうも、さやりんごも、なんでそんな男たちにしがみついているの?
貼り付けた不幸が顔と背中から取れなくなってしまう前に、男捨離したほうがいいって、絶対!
私が言うのも何だけど、世の中にはもっといい男がいると思うぞ?!
まあ、いい男から自分がパートナーとして選んでもらえるかどうかは、また別の問題だけどね!

なんだかんだ言ってもパートナーとは合わせ鏡なので、もしも夫がゴミクズだとしたら、自分も同レベルの汚泥ということなので、生き方を見直した方がいいのでしょうね。


愛し合っていて素敵だな、と感じる夫婦は、さやりんごみたいに「私たち愛し合ってるから!旦那さんとは仲良いから!」と必死にアピールしなくても、愛し合っていることが顔つきや雰囲気から自然と伝わってくるものです。
たとえば、りゅうちぇるとぺこりん夫婦なんて、素敵ですよね。

私はりゅうちぇる君のユーチューブチャンネルをつい最近見始めたんですけど、「あれ?ぺこりんってこんなに可愛い子だったかな?こんな素敵な女性だったっけ?」と驚いてしまいました。





私は、彼らがまだ結婚しておらず、テレビのバラエティ番組にカップルで出演していた頃の「なんだ?この変な格好の子たちは?」という印象が強くて、正直ぺこりんを可愛いと思ったことがなかったんですよね。

二人が結婚したことについても、子供のままごとみたいに思っていました。

だけど、どうでしょう。今や二人とも、しっかりしたカッコいいお父さんと、とってもチャーミングなお母さんになっています。
二人がお互いに向き合いながら、日々子育てに奮闘し、子供のために将来のこともきちんと考えている様子は、微笑ましくも頼もしい。


彼らはお喋りがとっても上手なのだけど、多くを語らなくても二人の顔つきが全てを物語っているのですよ。
お幸せなのですね。見ているだけでこちらも幸せな気持ちになります。


ちなみにですが、私がりゅうちぇる君の動画をみるようになったキッカケは、アレン様が出演しているチャンネルにりゅうちぇる君がゲスト出演した動画が面白かったからです。



私はアレン様が好きなんですよ、キャラクターが独特でお喋りも面白いから。
アレン様一人で喋っていても面白いのに、りゅうちぇる君とは相性がいいのか、二人で喋っているともっと面白いのです。


「一度きりしかない人生なのだから、自分を愛して、自信を持って、好きなものを買い、自分の好きなことをして生きていこう!」と言う彼らの主張は、一見子宮系スピリチュアルの「ご自愛」だとか、「自分自神」の理論と被るように思えますが、全然違います。

彼らは自分を大切にしているけれど、自分を大切にするのと同じように周りの人のことも大切にしています。彼らはエンターテイナーなので、他人を楽しませること、自分を見てくれる人たちをハッピーにすることに常に心を砕いていて、サービス精神が旺盛。

「自分が良ければいいのよ」

とは言っていますが、

「自分さえ良ければいいのよ」

なんてことは、決して言いません。しかも、彼らは情弱からお金を巻き上げようとしませんので、ポジティブに生きたくて様々なスピリチュアルやカルトを彷徨い歩いているような人は、アレン様とりゅうちぇる君を見て、見習うといいですよ。
はあちゅうさんやさやりんごにも見習って欲しいくらいです。







はあちゅうさんとさやりんごはまず、「夫が家庭から逃げている」「自分は夫から避けられている」という現実から逃げるのをやめて、現実と自分を直視して欲しいものです。