◇バカ男(新しい彼氏)の顔まだ〜?


こんにちは。
寄稿記事が2本公開されているので、それについて記事を書かないといけませんが、真面目な文章ばかり書いていると疲れるので、今日はまず息抜きをするために書きます。


私にとってはバランスが大事で、いくら興味深いとはいえ子宮系とか禍々しく異常なもののネットウォッチングばかりしていると荒んでくるし、かといって寄稿記事とその紹介というシリアスな文章ばかり書いていると疲れます。

ほどよく交互に書いていくのが、私にとってはいいのです。


では、この1週間ほどTwitterのウォッチャー仲間さんとの間で話題になったり、気になったりしたことをつらつらと書いていきますね。


まずは、こちら。
八木さやが「子宮委員長はる」として復活を宣言した話題。

壱岐島に移住してから、
自分ビジネス講座で、
お金の話をメインにしてきたけど、
 
 
子宮委員長はるも復活しちゃう。
恋愛もパートナーシップも性の話もする!
ま、以前ほど過激にはできないけど。

全文はこちらから(リンク先は魚拓)→愛される人生を。

WWW

もう草しか生えないでしょ。



「復活もクソもあるか!お前、今までも実質引退なんかしてなかっただろー!!!」



と全ウォッチャーがつっこんだことでしょうw

それでも、今までは子宮メソッドを発信しようが、「御まん託」を販売しようが、一応引退したことになってましたからね。これからはそれを撤回して、堂々と「子宮委員長はる」として又活動していくという宣言なのでしょう。へーへー、そうですか。


まあ、離婚したことでもう「八木」じゃないし、活動名を変える必要があるのと、「自分ビジネス」が頭打ちなのでしょうね。
そうは言っても、「子宮メソッド」も本人が期待するほど広がらないと思いますよ。


だってさ、八木さやに限らず、子宮系教祖ってもう「ご新規さん」のファンほとんど居ないでしょ。
居るのは、「怠け者でもザクザク儲かる。自分勝手でも愛される」という教えに目が眩んで、貯金を失い、仕事を失い、家族に呆れられ、友人には見放され、それでも自分の過ちを認められないばかりに教祖と子宮メソッドにしがみついてる哀れな中高年の女だけだよね。

子宮系に破竹の勢いがあった7〜8年前はさ、信者も若かったですよ。けれど、教祖が歳を取るとともに信者達も歳をとっていきました。

そういう私も、パソコン画面に映る八木さやを見て、「おばさんになったなぁ〜」と思う一方、鏡に写る自分を見て「私も老けたな」と思います。ウォッチャー達も高齢化してるわけです。

黒猫さんのシンデレラプロジェクトの潜入記事に掲載されていたHappyたちの写真にも、「誰このおばちゃん!?」って驚愕しましたもん。

写真はこちらから確認してください→10万円の入場券、55万円のカラオケ大会、金が飛び交うスピリチュアルイベント「シンデレラ・プロジェクト」潜入レポ

シンデレラプロジェクト潜入記


子宮系教祖の中では1番の美貌を誇る藤本さきこもパッとしない様子です。

みんなのオンラインサロンというサイトで検索してみると、やぁっだ、さきこちゃんたら人気ダダ下がりなのが可視化されちゃってるじゃないwww

FullSizeRender


FullSizeRender


画像は「みんなのオンラインサロン・藤本さきこの設定変更大学」のページからお借りしました。

順調に右肩下がりw


どうせ、もう300万の認定講師講座も売れてないでしょ。
認定講師になっても稼げないのは「おバカなともちゃん」たちが証明しちゃったもんね。

サロンメンバーも3ヶ月で300人近く減って、収入激減ですねぇ。贅沢好きで金食い虫の旦那さんを養っていけるのかな?

貢ぎ続けて略奪愛を実らせたさきこちゃんちは、愛とお金がセットだから心配しちゃう。


私、さきこちゃんには一時期期待してたんですよ。
子宮系の中で子宮委員長を追い落せるのはさきこちゃんしか居ないって。「勝ち負けのない世界」と言いながらライバルたちを蹴落とし、踏みつけて省みないさきこちゃんこそが、子宮系スピリチュアルの女王として君臨するんだって。

期待ハズレだったなぁ〜。


まあ、私も最近まったくウォッチングしなくなりましたしね。だって、さきこちゃんたら再婚してからつまんないんだもん。
コロナの影響があるとはいえ、「家庭の中で充足している私」をアピールされても白けちゃうんだけど。

さきこちゃんはやっぱり、ガツガツギラギラしてないと。
下品なワンピースに身を包み、成金趣味のジュエリーをジャラジャラ身につけて、ハイブランドのVIPルームでチヤホヤされて、札束持ってお買い物してって生活こそさきこちゃんには似合ってる。

なのに長年の不倫相手と再婚して、女として幸せのゴールテープを切っちゃったのかな?

急に普通の女っぽくなりましたね。元々普通の人だったのでしょうけど。
普通の人を観察してたって面白くないです。

ウォッチャーと信者は紙一重の存在だから、ウォッチャーに「もう、コイツはいいや。期待外れ」と思われているということは、信者達からもそう思われているということですよ。


コロナ不況はまだこれからが本番です。
元々お金のなかった信者達も、今後さらに追い詰められて、アホな買い物はできなくなっていくでしょう。
八木さやが必死になって化粧品を売り込んでるのは、信者達の財布の紐が硬くなってきて売れてないからでしょうけど、子宮委員長はるに戻ったって、もう昔のような荒稼ぎはできませんよ。


八木さやは今後子宮委員長はるとして復活し、パートナーシップや性の話をしていくそうですが、新しい彼はどうやら顔も名前も出さない様子。
新しい男のバカ面拝むのを楽しみにしていたので、非公開とは残念でなりません。


けれど、彼女が今後は恋愛、セックス、パートナーシップ論で稼ぐと決めたからには、次の再婚相手もこの先ずっと顔を隠して引っ込んでいるわけにもいかないでしょう。
金と色に目が眩んだバカ男が引っ張り出される日を、ゆるゆると待ってみましょうか。