◇疲れているので


こんにちは。いきなりですがヘトヘトに疲れています。
コロナで職場が休業中の頃は心身が疲れなさ過ぎて不眠症になっていましたが、withコロナの新しい日常が始まってみると今度は忙し過ぎて、疲れてぐっすり眠れるどころか疲れ過ぎて死んだように寝ています。

ここのところ疲れていてブログを書く気力がないと思っていましたが、今日は疲れ過ぎてむしろ何か書きたい気持ちになりました。


本当はまた寄稿記事が公開されているのでそれの宣伝をしないといけないのですが、今は疲れすぎているのでまた次回に。


さて、人間観察とネットウォッチングを趣味としている私ですが、Twitterで話題をじっくりチェックしている暇すらここ数日ろくに無いんですよね。
ただね、Twitter見てても最近めぼしい話題(炎上)が無いですし、子宮系もつまんないんのでちっとも疲れが癒されません。

八木さやの信者煽り芸も、最近は文章がだらだら長くなるばかりでマンネリ気味だし、藤本さきこは何を思ったのか主婦宣言しちゃうし、信者たちの中にも最近は度肝を抜くような新人が見当たらなくないですか?


一時期は「お尿夫人(個人的にはオシッコさんと呼んでます)」こと湯谷恵理さんに注目していたのですが、ブログで毎日おしっこグビグビ飲んでる報告くらいの頃はまだ見れたけど、YouTubeデビューしておしっこで目を洗ったり、おしっこで鼻うがいをしている動画は流石にキツイです。
疲れた体と心にダメージ食らうので見ていられなくなりました。

八木さやが提唱する子宮理論は一切理解できない私ですが、何故八木さやがお尿夫人を嫌ってちくちく虐めるのかのかはよく分かるような気がします。


さて、そんな私が最近どハマりしているのが旦那さんの月収が15万円なのに専業主婦であるヨメ子さんの動画です。


 


よめ子さんの動画は疲れれば疲れるほどつい見てしまうので、今週はほぼ毎日見ていますね。
彼女の動画はシリーズで見てもらえれば良さが分かると思うのですが、淡々とした日常の風景が記録されている中に、これまた淡々とした心情がユーモアを交えて綴られているのがイイんですよ。

雑な料理と言っては失礼ですが、凝ったものを作っているわけでは無いし、料理が上手いわけでもないどころかむしろ下手くそなのに美味しそう。

いえ、「美味しそう」というよりは、節約料理を作っているよめ子さんが「楽しそう」で、できた料理を旦那さんと分け合って食べている生活が「幸せそう」なんですよね。


動画が回を重ねていく中で語られますが、よめ子さんは20代後半で、家事が不得手な女性です。
旦那さんは高校の同級生だったそうで、働き盛りの大人が二人も揃っているのに世帯収入が月15万円とは驚くべき低収入ですが、収入はずっとこの水準だった訳ではないそうです。

一時的に低収入な状態に甘んじてはおりますが、お二人とも財布の紐が極めて硬く堅実なのは元からであり、低収入でも生活に不足はなく(よめ子さんは一人暮らし時代は、家賃込みで月8万円以下の生活費でやりくりしていたそうですし、旦那様もデート中に電卓叩くようなお人だったとか)、すでに大学進学時に借りた奨学金の返済は終えており、まとまった額の蓄えもあるそうなので本当の意味で貧困世帯ではありません。
しかも、これだけ動画が人気になれば、今ではYouTubeの広告収入が結構あると思われます。

ただ、図らずも「夫の月収が15万円で自分は専業主婦」ということになってしまった現在の状況を「こうなったら徹底的に楽しもうじゃないか!」と、節約自炊生活を始め、その様子をYouTubeに記録し始めたらあっという間に大人気になってしまったようでした。素晴らしいです。


実名公開も顔出しもしておらず、奇をてらったことなど一切せずにチャンネル登録者数27.6万人とは恐れ入りますね。動画の再生回数も驚異的で、1本につき数十万回、人気の動画は100万回を超えて再生されています。

ちなみにネット誹謗中傷界のアイドル、自称インフルエンサーのはあちゅうさんのYouTubeチャンネル登録者数は3.38万人で、動画の再生回数は一本につき1000〜2000回程度です。

動画の再生回数の少なさに、はあちゅうさんてもう本当に人気もなければ注目もされていなくて「過去の人」なのだなとしみじみしました。
ほとんどファンが居ないだけじゃなく、アンチからも見限られてしまったのかしら。どうりで最近しみったれてると思いましたよ。
ここ最近の彼女には「勢い」や「華やぎ」が無いばかりか「幸せオーラ」すらありませんからね。最早はあちゅうもここまでかと思うと何やら時代の終わりを感じて寂しいです。


よめ子さんの動画が何故私の疲れた心身に染み渡るのかと言うと、彼女は何も押し付けないし何も売りつけないからです。
節約生活を見せても、「あなたもどうぞ」とか「これをやるといいですよ」なんて言いません。
ただ自分が楽しんで生活していることを見せているだけ。


高知に居座ってるハゲ仙人みたいにイライラする話し方で他人を煽って騙そうとしないし、壱岐島に居座った蛇女(本人はかぐや姫のつもりのようです)みたいに、「稼げない女は意識がダメ。真理に気づけない女は不幸」だと他人を脅して高額な物やサービスを売り付けようともしません。

あいつらは他人の心を乱して不安にさせることで商売し、少なくない人たちがそれに引っかかるじゃないですか。
けどねぇ、引っかかって信者になっちゃった人たちは幸せになれないでしょ。いつまで経っても煽られて脅されて心は不安だし、なけなしのお金は絶えず吸い上げられて生活は不安定なんですよ。

元はと言えば、みんな幸せになりたかったんじゃないの?


私は今でこそ心も潤い生活も満ち足りていて幸せですが、幸せでない頃はスピリチュアルにもかぶれたし、高額セミナーや自称コンサル詐欺師にも引っかかりました(全部ネタにして回収しております)。
そうやってもがいていた頃って、決して金持ちになりたい訳でも、一目置かれる特別な存在になりたい訳でもなかったんですよ。
ただ、幸せになりたかったです。

しかし、どうなれば幸せな状態になれるのかが分かっておらず、そもそも自分にとっての幸せの定義が曖昧なので、「あなたはこうしないと幸せになれない」「稼げないのはダメなやつ」「新しい生き方を知らないと将来的に死亡」など、強い言葉を発する人に流されがちになってしまうのですね。


子宮系信者の皆さんも、元はと言えば、ただ「幸せになりたい」だけだったんじゃないですかね。

幸せになろうとした結果、教祖のブログやインスタ、YouTubeを見て毎日不安になり、高い教材を買って貧乏に拍車がかかり、発信力を得るためにプライベートを切り売りし、パートナーとのセックスの話までする。
そこまでしたのに得られるのは成功でも幸せでもなく、世間の冷笑と、増大していく不安と借金です。

私の見る限り子宮系信者に金持ちはいません。だからこそ金満家に憧れるのでしょうが、「今のままで幸せだと気づく」ために必要なのは、子宮の教えや設定変更のメソッドではなくて、よめ子さんの動画なのでは?


よめ子さんの動画を見てると、「あぁ、料理ってこんなに緩くていいんだな」という思いから発展して、「生きていくってこのくらい肩の力を抜いててもいいんだよな」という思いにまで到達して、何やらほっとしてしまうんですよね。
だって、食べるって生きるってことですからね。

なにも意識高い食事なんかしなくたって、「美味しい」と言って食べてくれる人のためにする料理は楽しいし、好きな人と一緒に食べるご飯は美味しいし、ご飯がおいしいって幸せの基本だよなと教えられます。


よめ子さんの動画が好きなのと似たような理由で、こちらの漫画も疲れた時に愛読しています。コミックは電子が基本の私が珍しく紙で全巻揃えて読んでいます。





さて、疲れたからと言っていつまでもへたばっていられないので、そろそろ頑張りますね。