◇キラキラした見せかけとドロドロの実態


こんにちは。
壱岐島に移住した母子の問題から世間のみなさんが子宮系に注目し、私のブログにも多くの方が訪ねてくださっているうちに、もう幾つか書いてお知らせしたいことがあります。


それは、私のようなただの観察者では知り得ない内情について、元信者やファンの方々が告発をして下さっているということです。


まずは、子宮委員長八木さやの仲間であるHappy氏に対する告発ブログをご紹介しましょう。
Happyは「引き寄せの法則」を説いて成功したスピリチュアルビジネス教祖の一人です。壱岐島でイベント開催などをし、八木さやが壱岐島に移住するきっかけを作りました。
Happyは壱岐島でのイベントで大人数を集客してみせた実績から、壱岐市の観光大使に任命されていましたが、縄文祭を始め周囲に配慮しない活動の手法や宗教色の強い主張に問題が多いとの理由で解任されています。

このブログ主さんは文中に出てくる「ゆりん」というHappy信者である女性の旦那様。HappyがプロデュースしたHappy Cafe(今年の6月21日に閉店)で働いていたそうです。
いくつかの記事を読むと、結婚していた女性がスピリチュアルへのめり込んでしまったというだけではなく、ご自身も相当神秘的な世界に傾倒しておられます。
しかし、そんな方でさえHappyや八木さやなどのスピリチュアルビジネス教祖に対しては、「もうこんなのは絶対におかしい!」と声を上げずにはいられないほどの状況になっているということです。

Happyへの告発記事はこちらからどうぞ→Hさんへ。
(*ブログは閉鎖するとのことですので、リンク先は魚拓に変更しました)

別の記事ではこのように書いていらっしゃいました。

ボクはHさんを批判したいわけじゃなく、もうこんなバカな事はやめようよ、そろそろみんな気づこうよって事で書きました。


もうスピ業界の真っ黒さに辟易てしるし、たしかに救われる人もいるけど、同じ話を聞いてそれでぶっ壊れていく人も事実いるんです。


問題はスピリーダー(某有名カウンセラーさんも含む)を信じた結果、家庭崩壊や破産などした時に、誰も責任を取る人がいない、、いや、誰も見向きもしないって事が問題だと思っています。
これが「愛」を語るスピのやる事ですか?って。


こないだ壱岐で山羊38さんによる妊婦追い出し事件がありましたが、どんな事情であれ、親御さんに関してもどうかと思いますが、あれはあまりにも酷すぎて、他人様の事ですが子供さんやお腹の赤ちゃんの事を思うと胸が苦しくて仕方ないです。
同じ子供を持つ身として怒りすら覚えます。
個人的には、人間のやること、、いや、出来ることではないと思っています。


子宮系などのスピリチュアルビジネスは、離れた場所から見ていても異様です。それを内部から至近距離で見たことで、より一層まともでない人たちの邪悪な実態を目の当たりにしたのでしょう。


次に、少し前まで藤本さきこファンだった女性のブログを紹介します。
彼女は信者というほど藤本さきこに傾倒していた訳ではありませんが、グッズを購入したりセミナーに参加したりしていました。
それが、先月名古屋で開催された藤本さきこのセミナー参加後に、率直な感想を書き綴ったブログ記事を公開したところ、それが藤本さきこの苛烈な怒りを買い公開処刑されてしまいます。

一連の流れは以下の通りです。順を追って記事をお読みください。


1、手帳の使い方セミナーの感想→藤本さきこさんの手帳の使い方セミナーに行って感じたこと


2、それを読んだ藤本さきこが翌日怒りを露わにした記事がこちら→セミナーにその格好ってどうなの!?ジャッジはジャッジで返ってくる♡


3、藤本さきこと信者たちにFacebookやブログ上でリンチにあっていることに気づいた彼女はこのように切り返しました→藤本さきこさんと、そのお仲間さんたちへ。


4、すると、よほど腹が立ったのか1時間も経たずに藤本さきこが罵倒記事をUP→世界は本当に二極化してしまったのだろうか?まず自分から始めよう♡


5、日頃「愛が溢れる世界♡」「勝ち負けのない世界♡」などと言いながら、怒りの沸点の低さと行動の幼稚さに呆れ返り、すっかり興ざめしてしまった彼女は今まで購入したグッズを全て処分し、完全に決別することを決心しました→【追記】藤本さきこさんの手帳、グッズを全て手放し!


ファンにとっては可笑しいような悲しいような出来事ですね。
おかげで目が覚めた、決別できたとは言っても、それまで好きで憧れていた人に公開処刑されて、仲間だと思ってきた人たちから叩かれるのはしんどいものです。

私もハンドメイドでキラキラ起業に片足突っ込んでいた頃、すでに色んなことに疑問を感じていたので離れるいいきっかけになったとはいえ、キラキラコンサル先生やキラキラ仲間に「毒舌ブログを書くような人は〜」とブログやFacebookで悪口を書かれ盛り上がっている様子を目にした時には頭に血が上りました。

私は土佐の高知で育ったせいか血が熱いので、



おんしゃあ、舐めたらいかんぜよ!



と、バカの巣窟に単身殴り込んで以来キラキラ起業家やスピリチュアル虚業家たちを遠慮なく言葉の剣(つるぎ)で斬りつけるようになりましたが、世の中は争いを好まず気が小さい人の方が圧倒的に多いのです。

ほとんどの人は黙って消えるか泣き寝入りをするか、追い詰められて自死に至った人までいるとの噂まであるのだから、女社会で吊るし上げに遭うのは怖いですね。


藤本さきこ界隈ではそのイタさ加減からすっかりアンチやウォッチャーのアイドルになってしまった認定講師の女性がいますが、藤本さきこも彼女には苛立っているのか、こんな意地の悪い記事を今日投稿していました。

こちらをどうぞ→来れなかった知世ちゃん編。認定講師長野トリップ②


あまりの陰湿さに言葉がないです。。。


ところで、藤本さんがセミナーで着ていたレオパードのワンピースはこれでしょうか。

FullSizeRender

ルイ・ヴィトン公式ページより)

37万円もするとは。

とても高価なお洋服ですね。しかし、レオパードでなくてもルイ・ヴィトンの服はなかなかに着こなしが難しそう。着る人を選ぶ個性的なデザインが多いようです。


FullSizeRender


藤本さきこはVIPルームに通されて誕生日を祝ってもらうほどルイ・ヴィトンの太客なので、きっと散々試着を繰り返している最中に、「お似合いです」「この服を着こなせるのはさきこさんだけ」と煽(おだ)てられて買ったのでしょう。

以前から気になっていたのですが、彼女はセミナーだの読書会だの旅行だの、人前に出る度新しい服や小物を新調しています。
自分自身と私生活のゴージャスさが売りなのでそれらも必要経費かもしれませんが、ハイブランドで服にジュエリーや小物類と、数十万〜数百万するような買い物を頻繁にしていては、信者がいくら貢いでも足りません。

少なくとも布ナプキンをちまちま売って上がる利益では全然足りない。だから高額セミナーやら300万の認定講師講座やらをせっせと売っているのでしょうが、そういう商品は永遠に売れ続けるわけじゃないですからね。
特に認定講師は300万払って元が取れている人がいるように見えませんので、引っかかる人は次第に減るでしょう。

商売上手なのは認めますが、「自分が広告塔」のビジネスではやがて老いによる美貌と人気の衰えから収益は下がり始めます。
今のように生活水準を上げる一方では保たないでしょう。37万円もするドレスを「庶民」に笑われてイラっときた気持ちは分からなくもありませんが、悔しくても笑われたドレスなんて2度と袖を通す気にはならないはず。

いい機会なので、この辺りでブランドに乗せられて無駄な買い物をするのやめた方がいいと思いますね。