◆マネマネマネー

こんばんは。今日は久しぶりにだらだらと過ごしているのでブログでも書くとします。

なんだか昨日からちょっと風邪っぽいんですよ。
咳や鼻水が出るとか喉が痛いとか、はっきりした風邪の症状が出てるわけじゃないんですが、昨夜からやたら眠いのとちょっと寒気がするんです。
風邪のひき始めってやつですかね。葛根湯を飲みました。


全国的に今度の日曜日から気温がぐっと下がっていよいよ冬がやって来るみたいですが、皆様も風邪などお召しにならないようにご自愛くださいね。


さて、季節も冬に変わろうとおりますが、近頃は私のふところにも冬の足音が近づいていて寒いんです。
もう「子育てしてたら仕方ないか」と諦めてはいるのですが、今年度は子供の学校やら塾やら受験やら進学やらの関係でやって来る振込用紙と飛んでいくお金がすごいのなんのってもぉお〜う、財布のなか木枯らし吹き荒れてます。


うちは二人の子供たちが来春にそれぞれ進学を控えているのですが、進学の前に卒業があるでしょ。
卒業するにしても、卒業アルバム代、卒業式後の茶話会費、謝恩会費、先生や学校へのお礼の品代、諸々でそれぞれのPTAや保護者会から数万円の振込用紙が来るんですよ。支払いは今月中。

上の子は制服だけど、下の子は「お友達みんなと卒業式は羽織袴で出ようねって約束してるから」というわけで卒業式のレンタル衣装代も必要です。


そして来月は塾の冬期講習代が必要でしょ。でもって正月明けすぐに高校授業料2ヶ月分の引き落としがあるんです。

上の子が通ってる学校では2月3月は生徒たちが受験に集中できるよう卒業式を1月に済ませてしまうのですが、私はずっと誤解していて、1月に卒業して2月3月はもう学校に行かないのだから授業料の支払いは1月分までだと思ってたんですよね〜。2月3月分も要るのね、授業料。あぁ…。

まあ、考えてみれば高校って3月までは在籍してるんだものね。2月3月分は在籍料かなぁ。


うちの子は国立大学を受験予定なのですが、無事に合格したら国立なのに初年度は入学金、授業料、教材費でだいたい100万円前後払う予定。

国立大学の授業料は上がり過ぎですよね。学部にもよるけれど、もう私立と比べても大きな差がないほどだもの。


住まいは大学の近くにアパートを借りてあげて、家財道具を揃えて、月々の仕送りもしてってしたら、もう来年はあっという間に200〜300万くらいが吹き飛ぶのでしょう。えぇ…。

私は子供が小さい頃から大学進学させるつもりでいたので、そのためのお金はどんな時にも死守してしっかり準備はしてきましたが、想定外のペースで通帳の残高が減っていきそうで正直ビビっております。


例えるなら、今までは貯金てスコップでちびちび掘り返していたんですよね。
だけど「さあ、これからはいよいよ大学だぞ」と腹をくくってシャベル用意して身構えていたら、


え?貯金崩すのってシャベルじゃなくてショベルカーでやるんだったの?(゚∇゚ ;)エッ!?


っていう感じ。


「それでも国立はまだいいわよ〜。私立で学費が高い学部だと授業料は前期後期合わせて〇〇〇万円で、もし兄弟の年齢が近くて子供二人を同時期に大学に行かせたとしたら、年間でこれだけのお金がかかるのよ」

と、先日ランチしながら先輩ママが教えてくれた金額が、何とサラリーマンの平均年収より高ぇ!(((( ;゚д゚)))



いや、もうどーやって払うの、それ?



今の大学生は50パーセント以上が奨学金(という名の学生ローン)を借りていると言うけれど、そりゃそうなるだろうと思いますよ。
親の支払い能力超えすぎだもん。

働き盛りの親が払えないのに学生本人が返せるわけないじゃない。奨学金破産が社会問題化する訳もやっと分かりました。


だから、まだ子供が小さい家庭でお金づかいの派手なママたちを見ると他人事ながら心配になります。
教育熱心なのはいいことなのだけれど、幼児教育に熱をあげ乳幼児期からお稽古や学習教室にいくつも通わせて、月に何万円も教育費を費やしているママたちって居ますよね。

今からそのペースで教育に散財 投資して、肝心な時に十分なお金がないってことにならないでしょうか。
早いうちから教育すれば子供の能力は必ず伸びるのかと言えばそうでもないですし。


英才教育を目指して幼稚園の頃からチャイルドアカデミー、公文、そろばん、速読、英会話に通わせていたのに、結局勉強は苦手で親の期待に全く応えられない子供たちを知っていますし、「本当は色々やらせてあげたいけど、うちはお金がないから」と言って子供にはほとんど何もさせてこなかったのに、高学年になったのを機にちょっと塾に通わせてみたら、ぐいぐい成績を伸ばして模擬試験のランキング上位に名を連ねてる子供たちも知ってます。

そういう実例を目の当たりにするにつけ、もともと持ち合わせがない能力を伸ばすことはできないんだなと分かります。


キラキラ起業でセミナー通いしてるママたちも、今はまだ子供が小さいママが多いですよね。
子供が小さいうちってあまりお金がかからないから、セミナーやコンサルやサロンなんかに何万、何十万、累計で何百万と払えちゃうし払っちゃうんですよ。
まだ家計や貯金に余裕があって、将来必要な教育費にピンときてないから。

何より自分に投資したお金はすぐに回収して、もっともっと稼げるようになるから大丈夫!って夢見てますしね。


でも実際は稼げないどころか使ったお金がまるっとマイナスになるので、子供が進学でお金が必要になった時には間違いなく後悔しますよ。

あと10年して子供たちが中学受験や大学受験を目指し始める頃に、負け犬 元キラキラ起業家のママたちの慟哭が冬の夜空に悲しく響きそうです。



「あぁ、あの時のあのお金があれば。ちくしょうちくしょうちくしょぉおおお〜〜〜!!!」



52


と。


そういう私もハンドメイドセミナー招致のために奔走していたころ、知人に勧められた高額セミナーに参加しお金を無駄にしてしまったことがありますが、こうして開き直り数々の黒歴史をネタにブログを書いて、コツコツ回収しています。

ブログからの広告料はアドセンスを張っているだけなので月々のブログ収入は大した金額ではないんですけどね。チリも積もればで、もうかなり回収しましたよ。


だからキラキラ起業だのブログ飯だのセミナーだのサロンだのにひっかかってしまい悔しい思いをしているアナタ、ぜひ暴露ブログを書きましょう。( ̄∇ ̄)ぐふぅ