■ハマる理由も迎える結末もだいたい同じ

お久しぶりです。こんにちは。
「ちょっと、元気なのぉ〜?」 と先日友人から安否確認の電話がかかってきました。
えぇ、普通に元気ですよ。ブログ書いてないのは子供が春休みだからです。


娘は塾の春期講座にも通わせていますが、私も毎日張り付いて自主勉強もさせてましてね。
ただそうやって私や主人が勉強みてやっても「ちょっとマシ」になった程度で、息子の時とは違い100点の答案用紙にも成績上位者のランキングにも縁がなさそう。。。( ̄∇ ̄)


こないだの塾の模試で1位だった子は知り合いの女の子で、ランキング表に名前を見つけると「すごいな〜。うらやましいな〜。」って正直思ってしまいますね。
でも、よその子を羨ましく思うことがナンセンスで意味のないことだってことはよく分かってるんですよ。娘本人は全然気にしてない様子です。
そうでしょうとも。私だって自分自身が子供だった頃は、自分が他の子と比べて頭が良いか悪いかなんてぜぇ〜んぜん気にしてませんでしたからねー。


私は隣の家に住んでいた同級生の女の子と一緒に塾通いをしていましたが、その子は私よりもずっと成績が良くて、県内で一番良い学校へ進学して、その後は医者になりました。
私は彼女と自分が比べられて悔しいと思ったこともなければ、羨ましく感じたこともなかったんですよ。

「隣のAちゃんはすごいね。」

と、言われても、

「そうだね〜。すごいよね〜。だってAちゃんは私とは頭の出来が違うからね。」

と、卑屈になるわけでも無く、ただの事実としてそう思っただけでした。


だって私には彼女と同じ能力がないんだから、比べたってしょうがないじゃないですか。人は自分が持てるもの以上のものは持てないし、自分の能力を超えた生き方はできないんだから。
無理して背伸びするのでは無く、「自分ができること」の中で生き方を見つけていくしかないということは、子供の頃から分かってましたね。


しかも40歳を過ぎた今周りを見渡せば、「子供の頃の成績や優秀さが成功や幸せには結びつかない」事例ばかりで、ますます分からなくなってしまうんですよね。

私が子供の頃や若い学生時代に、「〇〇ちゃんは頭が良いから、将来はどんなすごい人になるんだろう」と思っていた人が、一流大学へ入った後一度も就職せずに専業主婦になったり、就職に失敗して40歳を過ぎた今までずっと非正規で働き続け、経済的に親元から自立できないまま年を取っているかと思えば、お勉強ができるタイプではなかった子が上場企業や外資系企業に入りバリバリ働きガシガシ稼いでキャリア街道を突き進んでいたりする。

若い頃には息をのむほどの美人で、「こういう望めばなんでも手に入るような美人は一体どんなすごいところにお嫁に行くのかしら」と思っていた人が、ろくでもない不良と結婚してすっかりみすぼらしい中年女になった姿に衝撃を受けることもあれば、とりたてて美人というわけでもなかった子が、お金持ちの男性と結婚して高級住宅地に家を構え、高級車に乗り、上等の服を着てすっかり優雅な奥様になっており、まぶさしに目がくらむこともある。

人生って本当にわからない。


私は最近つくづく思うのだけど、人は40代になった頃にどうにか自分の居場所を見つけてなんとか生きていけてたら、もうそれで十分じゃないのかな。っていうかちゃんと生きてたら
もうそれでかんべんしてよ。

人って自我が芽生えても10代ではまだ自分ができていなくて、20代には自分を試して居る頃で、30代は道に迷う頃。だからそれまではフラフラしたりゆらゆら揺れているのも仕方ない。
嫌でも先が見えてきてしまう40歳になるころに、どうにか腰が座っていればいいんじゃないかと思う。


一生懸命勉強して大学へ行け、働け、稼げ、女らしくあれ、結婚もしろ、家事もしろ、子育てもしろ、親の面倒も見ろ、とイマドキの女たちは期待され過ぎて、それを真面目に全部やろうとすればするほど、全部はできない自分の能力のなさが負い目になってしまう。

全部やるのは普通の女じゃ無理なのに、「できない自分」への負い目がストレスになるから、不倫や自己啓発にのめり込む女が多いのじゃないかしら。
不倫に走るのも自己啓発にハマるのも、その心情の根っこにあるのは、若さを失い歳を取っていくことへの焦燥感(しょうそうかん)と、自分が何も成しておらず何者でも無いというコンプレックスだから。


何にもしていなくても若いうちは「若さ」という価値を誰しも持っているから焦らない。けれどそれを無くそうとしている今、あるいはすでに無くしてしまった今、自分に価値を見出せない焦りが苦しくなってくる

苦しんでるところへ自分を見つめてくれる男や、「あなたには価値があるんですよ」と囁いてくれる詐欺師セミナー講師が現れたらすがり付いちゃうよね。うんうん、分かる分かる。私も経験あるから。 (/ω\)  


私は前回の記事にも書いたように色々な人たちをネットでヲチっているけれど、知り合いがアフォみたいな内容でアフォみたいに高額な自己啓発セミナーに入れあげてるのを見つけてしまうとびっくりします。
赤の他人事だと笑ってられることでも、リアルな知り合いだと



「しししし正気なの?(((( ;゚д゚)))」



と心配するけれど、すでに正気を無くしてるからこそセミナーに参加してポエムなんか詠んじゃってるんでしょうね。。。
家庭の外に彼氏ができて不倫にのぼせてる女にも何言っても無駄だけど、セミナーで涙流しながらポエム朗読してる女も同じです。
真っ只中にいるときは自分の信じたいことしか見ようとしないし聞こうとしないから、忠告なんかしようものなら耳を塞いで絶交されること間違いなし。



「彼ってとっても真面目で誠実な人なの」(真面目で誠実な男だったら妻子持ちのくせに人妻口説かないだろw)

「あの先生はすごい人なの」(本当にすごい人は自己啓発なんてセコイ商売してねーよ!)


ってゆーね。もうね、不倫も自己啓発も「そもそもね」ってとこから間違ってるから、はたから見てるとツッコミどころしかないわけよ。
でも夢中になってる人にツッコミ入れると余計かたくなになるから、本人の目がさめるの待つしかないんですよ。


ただ近頃女性向けのセミナーを色々ヲチしてて気になるのは、最近どうも種類や数も増えてますが全体に値段が上がってるように思うんですよね。
セミナー料金が10万とか20万だと安く感じてしまうくらい異常な料金設定なんです。

世のご主人様がたは、奥さんが「新しい生き方や働き方をする」と言い出したり、「自分との対話」ってポエムの読み書きを始めたり(妻のブログには目を通した方がいいですね)、セミナーにいそいそと参加し始めたら要注意ですよ。
妻の目がさめるのを待ってるうちに、うっかりすると貯金がからになったり借金ができてたりするかもしれません。