■ちょっと買い物しすぎちゃった

高知はいいお天気ですが、大阪は雪みたいですね。こんにちは。
いやー、イベントを終えて昨夜高知に帰ってきましたが、大阪に雪が降りだすのがイベント終了後で本当に良かった。
雪が降ると交通機関が乱れるでしょうから無事に高知まで帰れたかも分かりませんが、それより大雪だったらイベントに客なんて来やしないでしょうから売り上げが悲惨なことになるところでしたよ。ひゃー怖いっ!


Creema Craft Partyは大阪という大都市で開催されるものの、大阪には大阪Art&Handmadeバザールという老舗のイベントが12月のクリスマスシーズンに開催されているそうで、その後に開催されるCreemaにはお客さんが少なく、財布の紐が固くなっているのは毎年のことなのだと他の出店作家さんたちに教えていただきました。

「たいした売り上げが見込めないのは分かっているけど、1月は他に出るべきイベントもないし、夜はCreemaが用意してくれるパーティもあるし、全国の仲間たち(作家さんたち)と交流して情報交換するための新年会だと思って来てるんだ。」

だそうです。なるほどね〜。


それにしても1日目は10時にスタートして最初の1時間はこのありさまでしたから不安になりましたよ。。。

image

でもお昼になる頃にはにぎわいが出てきて一安心。二日目も同じでした。

image

大阪のお客さんの財布の紐は確かにかたかったけれど、二日間二人で一生懸命販売して、終わってみればそれなりの金額を売ることができていました。
売れ筋はやはり宇宙系ですが、個性的な作品も売れましたよ!バンザイ!

image


私たちに限らずクラフトゾーンの出店者は、よほど腕が未熟な方以外は「売れない」と言いつつも健闘したように思います。

ただ会場面積を最も多く占めるアクセサリーゾーンは厳しそうでしたね。
すっかり販売を諦めた様子で、椅子に座ってお友達とお喋りしたりスマホいじったり他のことしてる作家さんが多かったです。
あんな態度じゃ余計に売れませんよね。。。


さて、イベントには飽きたとかもう買うものがないと言ってる私ですが、こうした全国から作家さんが集まるイベントではやはり物欲が刺激されます。
地元で買うものがないのは、もうどの作品も見慣れてしまったし、例え好きな作家さんの作品であっても、もう十分持っているしこれ以上は必要がないからです。 

けれど、こういう会場には見慣れないものや高知では買えないものがあるのでがぜんお買い物が楽しくなってしまいます♪ ついつい予算を超えて買ってしまいました。
 (/ω\)  


まず、最初のお買い物はあらかじめ取り置きをお願いしてあったマグカップ。

image

東京のイベントで何度かお話しとお買い物をした作家さんの作品なのですが、 つい先日不注意で割ってしまったのです。
薄くて軽いのに丈夫だし、便利なサイズで手馴染みも良くとても気に入っているので他のカップで代用する気になれません。 割った後慌てて連絡したら大阪に出店することが分かって、作品を取り置きしてもらっていました。

夫と色違いのペアで使っています。


当たり前だけれど手作り品なので前に使っていたのと全く同じではなく、1代目のカップより少し小ぶりなのですが2代目も気に入ってます。
これは静岡で活動されている秋山 昌史さんの作品です。 


お次はこちらのとっくり。

image

サンドブラストの作品作りをされてるdolis dog:rockさんの藤壺というシリーズ。
彼女とは昨年東京のイベントでお話しして、おちょこをペアで買い求めました。今回出店していることを知らなかったのですが、会場でお会いして作品を見るとやはり藤壺シリーズが素敵で、おちょこと揃えたくなっちゃったんですよね。

image

今は寒いですが、暑さを感じる季節になったらとっくりに冷酒を入れて飲みたいです。
酒器を美しいものにするとお酒の楽しみと風情が増しますね〜。


続きまして、こちらは本当にお買い得品でした。お皿を2枚。

image

最初見たとき紫陽花の絵を描いているのかと思いましたが、亜鉛結晶釉というものだそうです。

image

image

夫は家で晩酌するのが好きなので、これにお酒のおつまみを入れて出したら見栄えがして美味しそうだろうなと思い購入しました。

色違いと大きさ違いで2枚。青い方が一回り小さいく、縦13,5cm、横は16cmです。1枚1800円でした。

image

初めてお目にかかる京都の作家さんでしたが、作品クオリティに対してお値段がやっす〜い。

また作品を欲しくなるかもしれないのでお友達になりたかったですが、制作に手一杯でブログやSNSは一切していないとのこと。実店舗もなく仕事は器の卸(おろし)をしておられるそうです。
作品も量産できるもの以外は一切ネットに出品していないとのことで、残念ながらイベントで見かけたとき以外に買い物はできなさそう。


アクセサリーは買うまいと思っていましたが、これまでにも東京のイベントで買い物したことがある作家さんが居たので何となくブローチを購入。帯留にして使うつもりです。

image

この作家さんを初めてお見かけしたのは3年前のイベントだったかな。あのころは若い女性の人だかりができてなかなかブースにたどり着くことができず、会計も列ができるほどの人気だったのに、その後は見かけるたびにお客さんが減って今では寂しいです。
ドライフラワーをレジンで閉じ込める作品はかつて大流行しましたが、流行ったがゆえに消費されつくして飽きられるのも早かったのでしょう。


若い女性の作家さんからヘアアクセサリーも買いました。蝶のバレッタです。

image

つけるとこんな感じ。

image


以前別の作家さんから似たような蝶のピアスを購入しましたが、金属部分がすぐに変色してしまったのと、布が顔に触る部分がかゆくなるのと数回使ったらほつれてしまったのでもう処分しました。

image

薄い布にプリントされた蝶々の羽は市販されているそうなので、組み合わせのデザインに若干の違いはあれど今後は類似の作品が多くなっていくだろうなと予想がつきます。
ガラスドームと同じで流行ってしまい誰もかれもが身につけるようになるともう退屈でつまらないものになってしまうので、流行るまでは使おうと思います。


食べ物も買いました。お花のジャムを作って販売しているお店で金木犀のジャム。

image

私は見た目が可愛いと思ったし、金木犀の香りは好きだし、シロップ がわりに紅茶に入れようと思ったのだけど、夫に「気持ち悪い」と言われてしまいました…。
 (/ω\)  

私は金木犀好きなんだけどな〜。そんなに気持ち悪いかしら?


そしてインドスパイスを販売しているお店で、アッサムティーとマサラチャイミックス。今朝さっそく作って飲んでみたけど、美味しかった〜♡
たっぷり入っているのでしばらく楽しめます。

image


話は変わりますが、今回のイベントで不満だったのはフードコートの食べ物!
1日目に牛タンの串焼きを食べたらありえないまずさでびっくりし、二日目には違う店でクラウムチャウダーを食べたら具がほとんど入ってなくてこれにもびっくり!

何でしょう、このイベント飲食店のレベルの低さは? 


高知じゃありえん!(ノ`Д´)ノ 


高知のイベントっておしゃれ系イベントでもふるさと系イベントでも業者系イベントでも、とにかく食べ物は美味しくて当たり前ですよ!
ずっとここにいると気がつかないけど、高知の食のレベルの高さを改めて思い知りました。


高知でイベント出店されてる飲食店さん、素晴らしいです。


最後に、これは購入したのではなくChisaさんから頂いた小さな宇宙ガラスのペンダント。私がカメラアプリを上手に使えないので写真では伝わりませんが、光が当たると中の人工オパールが輝いて綺麗なんですよ。

image


このイベントの記念として大切にします。 

こうち春花まつりにも出店してくれたChisaさんのイベント出店は、これが最後でした。
今後はオンラインのみでの販売になりますので、新作情報はFacebooktwitterInstagramをフォローしてください。

Chisaさんとは4年前にハンドメイド雑貨モールというFacebookグループで知り合ったのですが、私はハンドメイド雑貨モールを始めあらゆるハンドメイドグループから今年の年明けに退会しました。
様々な出会いに感謝しつつ、もう戻ることはないです。

二日間本当に楽しかったです。私もChisaさんもこれで一区切りつきました。
それでは皆さん、いつかまた。

image