■私に謎の対抗意識燃やしてどーするんですか?

あー、早くブログ書こうと思いつつ週明けから体調不良で寝込んじゃってました。っていうかまだ調子悪いんですけどね。明日はキャンセル不可の大事な用事があるので明日には回復してる予定です。

なんだかずーっと日中は夏日が続いてますが、肌寒いような日もあったりで、おかげで体の調子が狂ってしまいますね。もう11月も間近というのにまだ半袖で過ごせるってどういうことでしょうか?
あと2ヶ月で今年も終わりですよ?まったく。


さて、暦の上では秋も深まりいよいよ11月も間近というこの時期はイベントも目白押しです。
この狭い高知県の狭い市場にはただでさえイベントが過密気味だというのに、今年の10月11月は過密度高すぎて計測不能な勢いですね。


そんなわけで、こないだのおびさんマルシェでも見知った顔の方々と

「いやぁ〜、イベント多いですねー。結局一向に減る気配がないっていうかむしろ増えてますよね。来年はどうなるでしょうね〜…。」

なんて話になるのです。 
どうなるんでしょうね?減ればいいと私は個人的には思ってますが。


イベントは市場の大きさに合わせた適正数まで減った方がいいと思ってるので私はもうイベントを自ら手がけるのはやめました。
主催者はそれぞれに多少の工夫はこらしていても、出店者の顔ぶれが変わらない以上、お客さんにとってはどのイベントも似たり寄ったりで新鮮さがありません。


お客さんからは

「飽きた」


作家さんからは

「疲れた」


という声が目立つようになりました。

昨年火がついたハンドメイドブームですが、ここへきて作家もイベントも勝ち組と負け組がもうはっきりと明暗分かれてますしね。
弱肉強食の世界は残酷だなぁ。 

24


「イベントは飽きた」なんて言われてても、人気の高いイベントの集客力は圧倒的です。そういうイベントは自分が出店者サイドで参加しててもお客として遊びに行っても楽しいし、主催者さんのプロデュース能力の高さに圧倒されます。

それにひきかえ私はそのように魅力あるイベントを作ることはできませんでした。そこで自分の能力の無さを自覚しましたし、実力不足であることは認めたうえで手を引きました。

私は自分を客観視することには長けてますので


私だめぢゃんセンスないぢゃん向いてないぢゃんてすぐに気付いちゃったわ(/ω\)
 


だからイベントはやめてこうしてブログを書き綴っている次第です。


意地の悪い性格が幸い してこの毒々しいブログは謎の人気ですから(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



しかし、中には何度イベントを仕掛けようと毎回集客に失敗して盛大にスベッているのに、粘り強い人も居ますね。

私なんかそれだけスベッたらもう「これ以上迷惑はかけられない」と思いますけどね。
出店者全員が主婦の趣味友で集客も売り上げも全然気にしない〜ってんなら別にいいんですけど、仕事として作家活動してる人たちや飲食店のみなさんに、お客さんが来ないと分かってるイベントに出てもらうことは出来ないです。申し訳なくて。
「友達だから」とか「仲間だから」という言葉でいつまでも甘えられません。


それにしても「仲間」「仲間」って、週刊少年ジャンプの連載漫画みたいに「仲間」を連呼する人たちの「仲間意識」ってなんでしょうね?

私が知ってる自立した手仕事職人さんたちは皆さん孤高なので、基本的にはぼっち平気な人たちがゆる〜く繋がるのはわかるんですけどね。
常に仲間に依存してないと何もできない人ってその時点でなんかイロイロ向いてない気がします。


例えば私のことが嫌いだからって、

「小笠原さんの投稿に『いいね』しないで。仲間の誰かがいいねすると私のタイムラインに上がってくるから」

って「仲間」に文句つけるのどうなんでしょう?
自分が私や私のFacebookページをブロックすればいいだけじゃね?
私はあの人のことが嫌いだから、あなたたちもあの人と付き合っちゃダメ。って小学生かよw 仲間意識歪んでるな〜www


「小笠原さんを見返してやるために絶対仲間でイベントを成功させよう」

って謎の対抗意識も無駄です。
対抗意識燃やした先の同じ土俵に私は居ないから。


そもそも、「ハンドメイドの楽しさを知ってほしい♡」とか言いつつ、そういう不純な動機が混ざってドロドロしてるから何をやっても盛大にスベるんじゃないでしょうか?

誰かへの敵意をやる気に変えて何かを頑張るって悪いことじゃないと思います。
そういうマイナスエネルギーって爆発力ありますから、なにくそって思いはうまく利用すればいいと思う。


ただし一人でやるべき。


「仲間だよね」ってスタートに他人を巻き込んじゃいけません。
引き返せなくなった自分の意地のために他人を巻き込み続けるのはもっといけない。迷惑をかける人が増えれば増えるほど最後には自分が詰みます。


まずは、イベント主催するにせよ、イベント出店するにせよ、本当はお客さんなんかほとんど来なかったのに「たくさんの方が来てくださり賑わいました」って言うのをやめるとこから始めた方がいい。

そういうの他人にとっては嘘になるし、自分にとっては逃げになる


どうして人間関係でうまくいかないことが多いのか、イベントが滑るのか、作家として人気がでないのか、人のせいにしないで自分の中に理由を探し、不都合な現実ををまっすぐ見据えるとこからやり直すことができれば、きっと状況は変わってくと思うんですよ。