■名もなきライターさんのブログを一読してから深呼吸しよう

ハンドメイドがブームである。

しかし、ハンドメイドブームなんつっても、手芸や手工芸品の価値が見直されたわけでも、優れたセンスや技術を持つクリエイターに熱い注目が集まるようになったわけでもない。
そして手作り品で作家を目指す人たちが、必ずしも創作の道を志しているわけでも無いのが悲しいところである。

ハンドメイドブームはあくまでも女子起業やママ起業のツールの一つとして多少の注目を浴びただけに過ぎない。


ただ金の匂いに人が集まっている。


誘蛾灯に群れる醜悪な虫の集まりのようだ。「お金が欲しい」「認められたい」という欲望の闇に成功の夢が亡霊のごとく青く灯っている。
成功・金・愛、それらがちらついて見える青い光に実体は無い。


03


さて、ハンドメイドで起業を目指す皆さんに、ぜひ読んで欲しいブログがあるのでここでご紹介いたします。
名もなきライターのブログです。

オススメの記事は以下の3本です。どうぞ↓


結婚し、子供を持ち、お金を稼いで子供を幸せにしたい、自分も輝きたい、そんな女性が誰しも持つ夢と希望と現実と愛と挫折と成功と虚業とが入り混じり、大金が動く大人の世界である。

 

私の分析によると、ママ起業セミナーは、1億円ブロガー川島塾や与沢の一派のノウハウが継承されている。そしてママ起業ブログ最大の特徴は、愛をテーマにしていることである。ママ起業の世界では、愛が語られ、金という欲望が語られ、仕事という現実がテーマになっており、迫力満点なのである。

 

ママ起業のセミナーは、べらぼうに高い。ライター塾30万円、セルフブランディング術20万円。ママさんたちは、夢と希望を持ってセミナーに大金を費やす。そこで教えてくれるのは、アメブロFacebookでの友達申請だしまくりのセルフブランディング術と、億万長者のメルマガを書く方法。与沢とスパムが荒稼ぎである。大金が動いている。全員が全員、情弱であるという平等な競争社会である。

 

ママ起業では、一方的な搾取だけがあるのではない。セルフブランディングに成功し、スキルを売って、アイデアひとつで注目と賞賛と金を得て夢を叶えていくものもいる。そして負け組は、延々としたブログ更新とランチ会と告知で、時間とお金を失っていく。残酷なまでに弱肉強食の世界なのである。

 

ママ起業には、格差もはっきり現れる。成功している人には大金があつまり、負け組は最低賃金すら割り込んでいる。


全文はこちらから→子供だらけのインターネット社会で大人の世界を垣間見る方法

オススメの記事2本目は、上記の記事の続きです。どうぞ↓

顧客目線を失って、自分の強みはなんだろうと探しまわってもうまくいかないという失敗学も学べるし、アイデアひとつでここまで成功できるんだな、素晴らしいなと希望を見ることもできる。

虚業と実業が入り混じっている、だから魔窟なの。

ブログの健康診断ってのをやってる人がいて、その人はクライアントのブログを読み込んで、研究して、読者目線のフィードバックを丁寧に返してくれる。それって本当に人の役にたってるし、アイデアに優れてるし、努力家だし、実際に月100万ぐらい稼いでいて、その人にしかできない素晴らしい仕事だと思う。

逆に、友だち登録代行しますっていうのは、それは単なるスパムでしょって思うし、高いお金を取って、お金のブロックをはずしましょうとか言って人をケムに巻くのは、人を食い物にしていい加減にしろと思う。

(中略)


ママ起業では、愛を語ることがいいねを集めることだと推奨されていて、みんなブログでいかに家族を愛しているかを語るの。それを読んでると、ああこうやって、人は誰もひとりではいきていけないんだなってのが伝わってくるから、そこには真実があるの。どの女性の語る愛が、もっとも読まれるのかあるのか比べてみると、愛はそのものに価値があって、比較できるものではないのだなと思う。

お財布の写真を送ってください。そしてほしいお金の金額を言ってくれれば、ヒーリングして返します願いが叶いますっていうのは、もう私の理解を超えたむちゃくちゃなビジネスだと思うし、実際にその人はうまくいってないの。そして次々と詐欺コンサルをめぐってる。だから無能力はつらいなと思う。

私の強みはどれ?っていくら探しまわっても、顧客目線を持たなくてはビジネスとしては成立しないし、時間もお金も失ってしまう。お金を稼ぐ方法っていうのは、自分で身に付けるしかなくて、人に聞いてる時点でだめなんだなってことがわかる。

みんながみんな情報弱者で、手当たり次第にフレンド登録してスパムまみれってのもある意味びっくりするし、フラットな競争社会だなと思う。実力がはっきりと現れる弱肉強食の格差世界なの。搾取だけがあるわけじゃなくて、本当に人の役にたってる人もいる。

全文はこちらから→バズったのでママ起業ウォッチの魅力について再び語る


そして最後に読んでいただきたいのはこちらの記事です↓

文章の書き方は、学校で習う。

数学も、先生が教えてくれる。

絵の書き方も。

ワードやエクセルもスクールがある。

ブログのワードプレスの設定も、ググれば誰かが教えてくれる。

でも、お金を稼ぐ方法だけは、誰かから教わることはできない。

どんなノウハウブログを読んでも、書いていない。

それは、稼いでいる人がケチで教えてくれないからではなくて、そもそもお金を稼ぐ方法はノウハウ化できないものだからだ。

例えばなんかセミナーに行ってみる。

ホリエモンのメルマガに入ってみる。

イケハヤちゃんのブログ塾に入る。

はあちゅうさんのサロンに入ってみる。

梅木雄平さんの投資判断noteを高額課金してみる。

でも、それらはお金のにおいがするだけで、実際には何かをもたらしてくれることはない。

日本人は、習えばなんとかなると思ってる人が多い。

どこかに正解があって、誰かが教えてくれる。そう思ってる人があまりに多い。

でも、それは自分で学んでいくしかない。

稼ぐ方法だけは、学校で教えてくれないし、ぐぐっても出てこない。

もちろん、私のブログを全部読んだって、稼げるようにはならない。

ホリエモンはお金の匂いに敏感な人たちを惹きつけて、刑務所の中で1億稼いだ。

イケハヤちゃんとはあちゅうさんは文章で稼ぎたいと夢を見る若者に、サロンとnoteを売って暮らしてる。

彼らは薄く広く集金するビジネスモデルなので、可愛いものだ。

私がウォッチしてるママ起業セミナーなんて、もっとエグい。

平凡な家庭の主婦から何十万も吸い上げる。

お金を稼いで子供を幸せにしたい、自分も輝きたい、そんな女性の等身大の平凡な夢を、誰もが持つ感情を、夢を見せてありえない値段をつけて売る。 

全文はこちらから→お金を稼ぐ方法だけは、学ぶことができない

手作りビジネスに夢を見るなというつもりは無い。
ハンドメイドは夢のある仕事だし、今は盛り上がってもいるし、ハンドメイドでクリエイターやブランドとして、あるいは起業家として成功している人たちも実際に結構居る。


しかしクリエイターの世界は弱肉強食だということを肝に銘じておこう。