■今はやる気が引き潮です

さて、毎日ブログを書いて6ヶ月足らず。ブログの読者数もPVも大きく伸びもせず減りもせずに現在は安定期。
今月もまーPVは4万前半あたりでフィニッシュですかね。

書きたいことがある日は一日に何時間もブログ書いてる(それで記事本数2〜3本)んですが、何だかここ数日は「文章を書きたい」という気持ちがざざ〜っと引いておりまして、やる気が引き潮なんです。
なのでこんな時間まで何も書けず。

今日はですね、元電通広告マンのトークイベントへ行ってました。


40

なかなか面白かったし、会場が東京に居るのかと錯覚する程オシャレなギャラリーでもうビックリしちゃいましたよ。卸団地って小じゃれたお店が粒ぞろってますね。

トークショーの参加料は1500円でワンドリンク(ジュース)と絵本付き。
絵本が1400円(税別)なので、絵本代ですかね。


歩くはやさで
文・松本 巌  絵・堺 直子
小さい書房
2015-02-24



じわじわ来る味わい深い大人の絵本でしたが、「まあ、売れてないだろうな。」ということが一目で分かる本でした。

いえ、けなしてません。

これは本の出来がどうのこうのじゃなくてね、元書店員として「売れる匂いがする本じゃない。」って言ってるんです。
分かる人には分かる本だと思いますが、分かる人は多くない。立ち読みで十分だと思われそうな本でもあるから、お客さんにレジに持って行ってもらうのが難しいでしょう。
 
実際もらった本を見ても、1年も前に出た本なのにどうも初版本っぽい。重版かけるほど売れなかったんでしょうね。
だからこうしてどさ回りして手売りしてるのか。

 
小さな出版社のマニアックな本は売るのが難しいですからね。
私は一人出版社の夏葉社さんの大ファンですが、夏葉社は今をときめく又吉直樹さんがラジオやテレビで取り上げたから知名度が上がりました。




私はファンになったので夏葉社の本なら何でも欲しいです。
ただいまこちらの本↓は書店で取り寄せの注文を出してます。


かわいい夫
山崎ナオコーラ
夏葉社
2015-12-21


だけど、そうやって影響力の高い著名人が取り上げてくれないとなかなか日の目を見ないですよね。
それでも一人出版社、小さい書坊さんの「良い本を世に送り出したい。」という気持ちが伝わってきましたので、頑張って欲しいと思いました。こういう出版社は応援したいです。今後どのような本を出していくのか注目します。


広告の話も興味深かったけれど、

「資本主義と民主主義は食い合わせが悪い。東京はもう限界に近いんじゃないか。」 

というお話にはすごく頷けましたね。

思いがけず楽しいトークショーに満足して、お店で本を買って帰りました。





あぁ、今気がついたけれど「歩くはやさで」原画展の原画を1枚も鑑賞しないで帰ってしまった。
ごめんなさい、味わいのあるとても素敵なイラストでしたが、どうも私は強い興味が持てなかったようです。
けなしてません。これも単に好みの問題です。


大人の絵本で私が好きなのはこの本です。 


おおきな木
シェル・シルヴァスタイン
あすなろ書房
2010-09-02

 
さて、本を読んで寝るとします。
また、明日。