■人生を無駄にしない為に

一昨日から昨日にかけてFacebookでフォローする人の数を大幅に減らしたらタイムラインがスッキリしました。
本当に得たい情報やニュース、リアルな友人、作家さんを始めハンドメイド関係の人達の投稿に絞りました。整理しててシンプルになったタイムラインを眺めていると、近頃では大切な情報を見逃して、どうでもいい情報を追うことに時間を使い過ぎてしまっていたことに気がつきます。


ブログは引き続き毎日書きますが、PVアップに血道を上げるのをやめ、今後はもっとマイペースに書くことにしました。

毎日ブログを書くようになってまだ5ヶ月経っていませんが、今までは自分でもびっくりのペースでアクセス数が伸び、ブログから得られる収益はまだ子供のお小遣いのようなものですが、これも少しずつ伸びています。

順調に成績が伸びると、やがて毎月新記録を更新し続けなければならないような気になってきます。
これが次第に心理的負担となり、目先の収益アップやPVアップの為に小手先のテクニックに走るようになる。


 

・ブログの書き方

・アクセス数の増やし方

・ブログでの稼ぎ方

・コンテンツの有料化


プロブロガーの方々が提唱する最新のブログビジネスメソッドを追うのもやめました。
ブログは最先端のマネタイズ法や活用法があっという間に移り変わってしまいます。現時点では最新の手法だって陳腐化するのに時間はかかりません。

新しいものが好きで楽しんで取り組めればいいけれど、元々自分が何を伝えたかったのか、何の為に書いているのか、そこを見失ってテクニックにこだわるようになると、途端に書くのも読むのもつまらなくなってしまう。


ブログでどう稼ぐのかのテクニック論ばかりが書かれている、プロブロガーやブログセミナー講師の方々のブログも近頃はほとほとつまらないので、読むのをやめました。 

PVを増やす為に1日に複数の記事を量産しようとするのもやめました。

書きたいことがある日だったら書きますが、書きたいことが無いときは無理して書きません。


私自身同じブロガーさんが書いた記事を1日に3つも5つも読んでも、ありがたみが減り、つまらないさが蓄積されるばかりだということに気づいたからです。

少し食べるから美味しいものを、こちらが食べているからとわざわざ「もっと食え。もっと食え。」と口に詰め込まれると飽きるし嫌気がさすのと同じです。 


プロブロガーの方々のブログを読むのをやめ、昨日は久しぶりに村上春樹を読みました。

村上春樹は中長編が好きで、短編小説はあまり好みでなかったのですが、これは良かったです。
上質な文章に癒されました。


女のいない男たち
村上 春樹
文藝春秋
2014-04-18


そして、3日程前からネットのニュースではなく紙の新聞を読むようになったところ、普段ネットのニュースサイトを追いかけているだけでは重要な世界情勢や経済のニュースを見逃してしまっていたことにも気がつきました。

それにしてもスマホとSNSは、いい歳した大人であってもつき合い方が難しい。


自分にとって大切なことは何か?


を見失わずにいたいですね。