■ハンドメイドブームは今がピークなのか?まだこれから上るのか?


ハンドメイドが世間から注目されていますね。

ガイアの夜明けでも取り上げられたくらいですから。

49


もうねー、今年のハンドメイド イン ジャパン フェスもすごかったですよ。 

一体何がどうしちゃったの? 

と思いましたもん。 

見て下さい、この長蛇の列! 

IMG_2851 


IMG_2852 

ハンドメイドのイベント会場に入る為にこれだけの人が並んでいるんですよ!(((( ;゚д゚))) 

ちなみにこれは当日券を買う為に私が並んだ列を撮りました。 

前売り券を持った人達は別の場所で並んでいましたが、前売り券を持っている人達の方がうだるような暑さの中炎天下で入場を待たされるという理不尽な事態に…。 

一方で当日券を求めている人達は涼しい屋内に並び、チケットを購入後はそのまま屋内入り口から入ることが出来ました。 


結果的には前売り券を買っていなくて良かったのですが、当日券は並んでいる最中に、 

「ただいまより当日券の販売を一時中止いたします。販売再開のめどは立っていません。」 

とアナウンスがあったりして、ひやっとしましたよ。 

今日はもうチケットが買えないと思って諦めた人達がぞろぞろと帰って行きました。 

私は会場の中で友人作家と待ち合わせをしていたし、わざわざ高知からやって来て中に入れずじゃシャレにならないので、しつこく列に並び続けたら30分程でチケットの販売は再開。 

しかし、この段取りの悪さは多分クレームになったと思います。 

結局1時間半程待って会場入りすることが出来ました。 


それにしても、去年はこんなに並んでる人居ませんでしたよ。 

一体1年で何が起こったと言うのでしょうか? 

私は初日の午後3時くらいに中に入ったのですが、もう一部の人気作家さん達は作品を売りつくして帰ってしまってました。 

ファンの付いている作家さんのブースには11時の会場とともにファンが殺到するそうで、近寄れない程の人垣だったとか。凄まじいですねぇ。 

ガイアの夜明けで紹介されていた作家さんも出展されていたはずですが、私が入場した頃にはもう居ませんでした。残念。 


私は個人的にハンドメイドブームは去年がピークで、今年からは淘汰の波が来るのかなと考えていましたが、いやいやまだまだ熱いですね〜。  


この、世間のハンドメイドに対するのぼり調子の注目度はいったいどこがピークなのか、いつから下がり始めるのかは株価の予測くらい見極めが困難ですが、分かっているのは、落ち始めるのはまだ今ではないと言うことです。  

IMG_2854 


■今ではないが、いつかは来る。 


全ての流行と喧噪には必ず終わりがあります。 

いつがその転換期となるのかは誰にも分かりません。 

生き残る道は二つ。 

浮き沈みの洗礼を受けてなお超然と残るホンモノであるのか、流行の波を足場として利用し、ステージを移る逞しさと賢さを持つのか。 

どちらにせよ、生き残れる者の枠はほんのわずかしか用意されていないのです。 

つづく