2016年06月

■子育てはいつか終わる

今日は子供の用事で潰れた1日でした。

うちの子たちはもう大きいので、手がかかって大変だった時期はとっくに過ぎてしまいましたが、それでもまだ何やかやと子供中心の生活をしています。


今日は小学校で懇談会もあり、そこで息子さんのトラブルに頭を悩ませているママの話を聞いて、「懐かしいなぁ。うちの息子(現在は高校生)にも世話が焼けて、おかげで右往左往してくたびれた時期があったなぁ」などと考えていました。


続きを読む

■様々な実例を目の当たりにして分かったこと

今日はSalon de Ritzにお邪魔して、以前から持て余していた着物の切れ端を使ってクラッチバッグを作ってきました。
縫わずに、折り紙のように切ったり貼ったりするだけで作れます。

お問い合わせはこちらから→Salon de Ritz


途中でランチ休憩とティータイムの小休止を挟むものの、10時から始めて14時過ぎまでかかりました。
疲れた。。。


続きを読む

■傷むのはぇえ!

アクセサリーの整理してたらまだ今年買ったばかりのハンドメイドのアクセサリーたちが黒くなってるのに気づいてしまいました。


ぎゃぁああ!!!!!ヽ(TдT)ノ


黒いっていうか、黒ずんでるのもあるけど、デザインを気に入ってよく使ってたのはすでにメッキがはげてますね。
汗をかいたからかな。なんかメッキはげちゃったらもう使うのアブナイなー。アレルギーになりそう。


続きを読む

■怖い、怖すぎる

このニュース↓が気になりました。 

注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。

 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。

 検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、顔には大きな傷が残った。

 全文はこちら→朝日新聞「プチ整形」まさか失明「鼻を高く」未承認剤の注射後


続きを読む

■本の著者さんにHPでご紹介いただきました

先日言いたい放題書きたい放題書いた書評(もうセミナーとか必要ないよね)に対して本の著者さんからメッセージをいただいてたのですが、HPでもご紹介いただきました。→ハンドメイド業界の分析が得意なマダムユキさんの書評
 


いつも楽しみに読んでいるハンドメイド裏ブログが

いくつかあるのですが、その管理者の方が

「ハンドメイド作家になりませんか?」を読んで

感想を書いていてくれていたのでご紹介します。

(彼女とは面識はありませんが、掲載の許可はいただいています)


彼女は最近のハンドメイドブームに辟易して

ブログタイトルも内容も変えて

記事を書いていますが

時々ハンドメイドについても書いています。

今回の書評もなかなか辛口ですが (^_^;)

一応褒めて頂けているようで嬉しいです。

 

特に、

今まで出た本の中でベストじゃないの?

って部分。

 

そりゃ~ね~

プロの私の25年以上の経験と

今までアドバイスやご協力いただいた方々、

そして若い編集者さんたちの取材の成果が

すべて詰まってるんだもの。

そう言ってもらえないと困るわ・・・。 


続きを読む

↑このページのトップヘ