2016年04月

■ドルチェかがみさんの10年感謝祭

今日はドルチェかがみさんの10周年感謝祭に出店してました。

image

午後からは雲が広がり雨も降り出しましたが、午前中はいいお天気で汗ばむ陽気でした。 

今日はお友達のリラクゼーションくちんさんとテントを半分こで出店。

13086827_571625926333950_1955393242349887451_o
写真は下元 あかねさんのFacebookよりお借りしました。私がどこにいるか分かるかな?


続きを読む

■ただ本がたくさん読みたかったのです

いかん。

積読(つんどく)本がいよいよ積み上がってきました。


読みたい本が溜まっているので、ブログを書くより本を読むことに集中したいと思います。 

とりあえず今日読んでしまいたいのはこちら↓


藤田直哉
堀之内出版
2016-03-10



瀬戸内国際芸術祭とかに代表される地域アートの黒いお話です。
私は黒い話が大好物です。ハンドメイドも教科書系やお手本系の本はもうお腹いっぱいなので、黒い本が出ればいいのにね。 


そして、夏葉社さんから頂いた本も早く読んでしまいたい。


本屋図鑑編集部
夏葉社
2013-08


 

夫から「これ面白いよ。(読んでごらん)」と渡された本も読みたいし。


 


本が溜まってるんだからよせばいいのに、前から読みたかった本をつい取り寄せて買ってしまった。今日の夕方書店に取りに行ってきましたが現物を見てびっくり。分厚いのなんのって、1日じゃ読めないな、こりゃ。

アンソニー・B・アトキンソン
東洋経済新報社
2015-12-11

 

ところで私ね、もう5年以上前になりますが東京で10万円もする高額セミナーを受けたことあるんですよ。 二日間連続で朝10時〜夕方17時まで、昼食付き、で10万円。


続きを読む

■え?何?暇なの?

ハンドメイド作家シアンさんのブログを読んでいたら、こんなことが書いてありました。

ハンドメイド販売についてブログを書いていて、いろんな人が私のブログを通り過ぎる。

以前よく書いていたことを改めて書いてみようと思う。

私はハンドメイド作家だが、ハンドメイド作家の味方でもない。

色々試してそれでも売れなくて文句言うならやめてしまえばいいと思う。

ハンドメイドコンサルが嫌いなワケではない。

怒るくらいなら読むなよ。

私の書くブログはこういう自分勝手なブログなのですよ。

 

今日はナナメに書いている。

好きな人だけ読んでって


 「売れなくて、それでも必死で頑張っている私や他の作家をバカにしている。何度読んでもお前のブログは失礼だ」

こんなことをコメントに書かれます。失礼なブログで失礼しました。こんな失礼なブログを何度も読んでるヒマがあったら、いい作品を作る時間に充てればいいのに。

 

お前、時間の使い方がおかしいんじゃないのか。

 

「お前が薦める本をかったけど何もかわらない、カモにされた気分」

本は所詮本だ。読んだだけじゃ変わらない。自分の抱えた問題を理解して自分で変えていくしかない。

私の薦める本はたいてい図書館とかにあるから、ご自分の理解力にあわせて本を借りて読めばいい。だが何度読んだって本は本だ。あなたは何も変わらないまま不満を抱えるだけ。

 

「ゲス」

はいはい。

 

「あなたを私のブログで正々堂々と批判させていただきました」

何度もこの手の内容のコメントがくる。

だ~か~ら~、私を批判したお前たちの正々堂々のブログはどこよ。

っていうかホント、お前誰。

 

「私のハンドメイド販売の目的はお金じゃありませんから」

はいはい。

全文はこちらから→そこにあなたの将来はあるの?って思うんですよ。

続きを読む

■名もなきライターさんのブログを一読してから深呼吸しよう

ハンドメイドがブームである。

しかし、ハンドメイドブームなんつっても、手芸や手工芸品の価値が見直されたわけでも、優れたセンスや技術を持つクリエイターに熱い注目が集まるようになったわけでもない。
そして手作り品で作家を目指す人たちが、必ずしも創作の道を志しているわけでも無いのが悲しいところである。

ハンドメイドブームはあくまでも女子起業やママ起業のツールの一つとして多少の注目を浴びただけに過ぎない。


ただ金の匂いに人が集まっている。


誘蛾灯に群れる醜悪な虫の集まりのようだ。「お金が欲しい」「認められたい」という欲望の闇に成功の夢が亡霊のごとく青く灯っている。
成功・金・愛、それらがちらついて見える青い光に実体は無い。


03


続きを読む

■1年前の毒漫画

またしてもFacebookの過去の思い出をチェック機能で上がってきた、1年前の今日描いた毒漫画です。
これもせっかくなのでブログに転載しておきます。
文章は加筆、修正してあります。


では、どうぞ↓



【毒漫画〜人生の真実】

こないだ40代半ばの女性とお話しをしてて、彼女が若い頃どんだけ弾けてたかという武勇伝を聞きました。

田舎(高知)の高校を卒業した後は都会へ出て、派手な化粧とファッションを覚えて大学デビュー。外を歩けば毎日必ずナンパされ、男にもお金にもちっとも困らない面白おかしい毎日。

そんな調子だったので、真面目にコツコツ生きているのがバカらしく、名のある大学を出たにも関わらず就職も結婚もせずにフリーター生活へ突入。小銭が貯まると世界中に旅行へ出かけてみたり。

 
続きを読む

↑このページのトップヘ