Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

■朝から笑いました

朝っぱらからロミ子のブログを読んでしまって笑いました。
一部を抜粋して紹介します↓

『ハンドメイド』という言葉がある。このコトバの定義も現代ではなかなか難しいものになっている。


或る人は上手い下手にかかわらず『手作りのぬくもりが大事』と謂う。そしてまた或る人は『ハンドメイドで起業しよう!』と謂う。或る人は『ファンを増やせばハンドメイドは儲かる!』と謂い、或る人は『スキルを磨こう』と謂う。どの意見も間違っていない。ひとつの見解だ。しかしそれ故にタチが悪い。ハンドメイド作家(笑)も部族によって話す言語が異なる。前人未踏の暗黒大陸だ。この『ハンドメイド大陸』も数々の部族が存在し、言語が異なるため、統一された教科書をもたぬ未開の地と謂えるのである。


以下にハンドメイド暗黒大陸のおもたる部族を紹介しよう。



スキーダ族


人口が一番多い部族。多数派だが統一した見解を持たない。


『好きだからやっている』というが、やれレジンやら彫金やらビーズやらレザーやら目線が定まっていないテイでいろいろなジャンルに手を出し、部屋が使いもしない材料で溢れかえっている。



ピリチュ族


ハンドメイドとは自己啓発である。という信念を持ち、ハンドメイド暗黒大陸で広く信仰されているスピリチュ教を信仰している部族。


やたら手法に拘り、セミナーや成功体験、むずかしい横文字の単語を好む半面、いきなりパワースポット巡礼を行ったりもするよくわからん部族。



カタテマー族


テレビで『主婦が起業?ハンドメイドで気楽にお小遣い稼ぎ』みたいなアレを見てハンドメイドを始めた部族。片手間で収入を得られると思っているが、思うように稼げず、すぐやめてネイルサロンとかいっちゃう。たいへんだ!



クニン族


少数民族。ハンドメイドのみで生活している数少ない部族。部族なのに群れていない。『自分勝手』『ワガママ』『人のいうこと聞かない』という面倒な特性を持つ。職人のプライドを持っているので、わりかしタチが悪い。



***



ハンドメイド大陸は大きく、ここに上げた4部族以外にも数々の少数民族がいる。


その民族を束ねることは誰にもできないのである。


続きを読む

■すべては基礎があってこそ

先日東京ビッグサイトへ遊びに出かけたのは報告済みですが、私は実際遊びに行ってみてminneを見直しましたよ。
素敵なクリエイター作品もあったし、買い物はあまりしなかったけど、購入にはいたらずとも面白いな、レベル高いなぁと思う作品たちがありました。いいなと思った作家さんたちとはいっぱいお話しもさせてもらいました。


「ハンドメイドで生活していけますか?」

と不躾(ぶしつけ)な質問をぶつけてみたら、

「普通に月100万円以上は売れてますよ。材料費は1割以下に抑えるようにして作ってるんで、余裕です。」 

という答えを返してくれた作家さんもいました。



続きを読む

■とりあえず間にあわせですが

先日もお知らせいたしましたが、ブログの工事をしております。
とりあえず「高知のハンドメイド作家さんを応援したい」と書いてあったブログのヘッダーは削除しました。
とりあえずの処置ですので、ブログのヘッダーはまた何か用意したいと思います。

ブログタイトルも「Handmade in Kochiのblog」から「Flat 9 〜フラット・ナイン」に変更しました。

Flat 9 とは、私がロンドンで暮らしていた頃に住んでいた部屋番号です。アパートやマンションなどの集合住宅をイギリスではFlat(フラット)と言うのです。
つまりは単純に9号室という意味です。


続きを読む

■何もしないで願いが叶うのを夢見るのが女で、簡単なことをして出来た気になるのが男


私は本が好きなので、本屋さんによく行きます。
一番よく行く本屋さんは高知の老舗、金高堂書店本店です。以前はさほど足を運ばなかったけれど、リニューアルしてすっかり綺麗になってからは用がなくても通りかかったら立ち寄るようになりました。


金高堂は老舗だけあって、ちゃんとした書店員さんたちがいる本屋です。
ベストセラーや話題の本をただ漫然と並べているのではなく、棚や平台に置かれた本たちに担当書店員さんの選書の目線が感じられます。だからどんな本が選ばれて置かれているのか、棚筋を眺めているだけでも楽しい。

時間があるときは5冊くらい気になる本を棚から抜いて、椅子に座って速読でざっと全体を立ち読みしたら「べつにいいか。」と思う本は元の場所へ戻し、じっくり読みたいと思った本を1冊か2冊買って帰ります。


続きを読む

■自分に嘘はつけません

春花まつりが終わり無事に友人を見送ったら、心の中で「蛍の光」が流れてぼーっとしてますが、今朝は朝からブログの過去記事整理の作業をしてました。

ブログは日記のようなもの。


その時々の考えや心情を綴ってきましたが、世の中の変化は激しく、記事を書いた頃と今とでは状況も考えも違ってきています。


あまりにも今の私の考えや想いとはズレていて、自分自身が違和感を覚える記事は削除いたしました。
削除したのは書いた時点では支持していたけれど最早その活動を支持できない人や、ご縁があったので作品紹介や応援記事を書いたけれど、その後の活動を見ている限り応援を取り下げたくなった方々について書いた記事です。

 続きを読む

↑このページのトップヘ