Flat 9 〜マダムユキの部屋

主婦が綴る独り言です

◇蝶々さんがお元気だと聞きまして


こんにちは。
昨日は久しぶりに殺人的な暑さでしたが、今日も暑いです。

だけど、「夏が戻ってきた!夏ダァ!」という気持ちにはなりませんね。何故でしょう。日中は暑くても、朝晩は気温が下がって涼しいせいなのか、風が吹き始めたせいなのか、はたまた空が高いからか。


今年は盛夏をすっとばして、もう晩夏です。スイカをほとんど食べないまま夏が終わろうとしています。切ないですね。


先週から、ブログ書かなきゃなぁと思いつつ、なんとなく手がつけられませんでした。
友人の旦那様がコロナに感染し、重症化してしまって、死線を彷徨っているからです。旦那様が倒れて入院された時にDMで連絡を受け、入院したといっても医療設備の無いところと聞いて私もヤキモキしていましたが、その後高度医療を受けられる大きな総合病院への転院が叶い、現在はICUに入っておられます。
どうにか回復してほしい。

現在の状況では首都圏に差し入れ持って駆けつけるわけにもいかず、私に何ができるというわけでも無いのですが、気持ちだけは引っ張られますね。


そんな訳で、ここ数日は頭が働かず、本を読んで過ごしておりました。
ブログも後回しになっていましたが、私が意気消沈していても仕方がない。友人の話し相手をする以外、私にできることは無いのですから。


さて、子宮系の観察もあまりしていませんでしたが、山田ノジルさんが私にとって思い出深い小悪魔蝶々さんについて記事を出しておられたので、蝶々さんの思い出について今日は語りたいと思います。


続きを読む

◇真面目な女性の生きづらさ


おはようございます。
毎日雨です。そして、このところ夫が「夕食は鍋がいいな」と言い出すほど肌寒い日が続いております。
こんなに気温の低い夏は私も45年間生きてきて初めてですよ。冷夏というにもほどがある。


さて、寄稿記事が公開されておりますので、まだお読みでない方はどうぞ。

こちらから→「35歳すぎると結婚はほぼ不可能」は本当か〜選ばれる女におなりなさい〜


続きを読む

◇DaiGoさんの炎上に思う


おはようございます。
雨もコロナもすごいですね。
私が住んでいる地域では、今のところまだ雨は災害級というほどではありません。
けれど、「あれ?今って10月かな?」というほど涼しくて、むしろ猛暑より気候に不安を覚えます。
皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか?


さて、一昨日からメンタリストDaiGoさんの発言が燃え上がってますね。こんなすごい火柱を見たのは久しぶりです。Twitterのタイムラインが「メンタリストDaiGo」で埋め尽くされました。

経緯をご存知ない方はこちらから→メンタリストDaiGo氏、ホームレスの人への差別発言で「炎上」(毎日新聞)

こちらも合わせてどうぞ→DaiGo氏、殺到する批判に「個人の感想」と反論。支援者は「言語道断」「ヘイトクライムを誘発」と指摘


続きを読む

◇彼女がセックスに身をすり減らした中年でなく、普通のおばさんになってたらいいな


おはようございます。
本当は昨日ブログを書く予定でしたが、つい男子卓球団体の3位決定戦を見たり新体操予選を見たりして、ブログに手がつけられないまま1日が潰れてしまいました。

オリンピックが始まる前はどの競技にもさほど興味がなかったのに、いざ始まってみると、テレビ画面に映るアスリートの皆さんがあまりに美しくて、見惚れているうちに時が過ぎてしまいます。

私は趣味が良くないので、いつもはネット上で禍々しい偽物ばかりを観察しています。だからこそ、本物の感動や美しいパフォーマンスには心洗われる思いがするんですよね。

子宮系女子の皆さんにも、是非オリンピックを見て欲しいなぁ。
世界一を競う場で生まれる笑顔と涙を目の当たりにすると、いかに教祖たちの語る美が紛い物で、パフォーマンスがうすら寒いか嫌でも分かるし、自分がしているつもりのチェレンジや努力が噴飯ものだと気がついて、恥ずかしくなるに違いないから。
一瞬で目が覚めること請け合いです。


続きを読む

◇夢と幻を追いかける教祖


こんにちは。
言っても仕方がないですが、暑いですね。溶けそう。
今住んでいるのは夏向き仕様の涼しい家じゃないので、エアコンをつけなかったら家の中はサウナ状態です。


子供の頃って、夏休みが大好きじゃなかったですか?
スイカ食べて、アイスやかき氷もいっぱい食べて、予定が何にもない日は汗だくになりながら自転車こいで友達とプールに通って、何時間でも遊んでました。
プールで遊んだ日はよく眠れるんですよ。じりじりと太陽が肌を焦がしていく感触が心地よかったなぁ。

あの頃の夏は、昼間はどんなに暑くても夕方になるとすぅっと気温が下がって、空気を震わすひぐらしの鳴き声に切ない気持ちになったものです。


続きを読む

↑このページのトップヘ