Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

◇岡田有希子さんに捧ぐ


こんにちは。
ブログを毎日書かないと色々と間に合わないので、鬼更新中です。

そんな訳で、今日も寄稿記事の紹介です。

こちらからどうぞ→失恋し自死を選んだ岡田有希子さん私に会いに来てくれた時の話〜怖い間取り〜


これは私が子供のころ実際に体験した心霊現象について、そのまんま書きました。
私はオカルトに興味がなく、元々霊感も強くないので、こんなにもはっきりしていて分かりやすい心霊現象を目の当たりにしたのは、これが最初で、いまのところは最後です。

まあ、気のせいかも、思い込みかも、というレベルの出来事なら多々ありますが、私は不思議な現象にいちいち意味づけをしませんから。


続きを読む

◇それはどんな形なのでしょう


こんにちは。
紹介が遅くなりましたが、寄稿記事が公開されています。

こちらからどうぞ→恋人を交通事故で失った美人モデル 彼女は何を失い、何を得たのだろう


この記事は、知人の息子さんが急逝したことに思いを馳せていて書きました。
突然の訃報に驚いていた時に、「レオン」を観ることになったのです。

「レオン」は、最近映画を観ることにハマっている娘のリクエストでした。
英語のリスニングスキルの向上と言いますか、娘はリスニングの成績がふるわないので、先ずは英語を聞くことに慣れるために熱心に映画を観るようになりました。

「レオン」は塾の先生のお薦めだそうです。


続きを読む

◇バカ男(新しい彼氏)の顔まだ〜?


こんにちは。
寄稿記事が2本公開されているので、それについて記事を書かないといけませんが、真面目な文章ばかり書いていると疲れるので、今日はまず息抜きをするために書きます。


私にとってはバランスが大事で、いくら興味深いとはいえ子宮系とか禍々しく異常なもののネットウォッチングばかりしていると荒んでくるし、かといって寄稿記事とその紹介というシリアスな文章ばかり書いていると疲れます。

ほどよく交互に書いていくのが、私にとってはいいのです。


では、この1週間ほどTwitterのウォッチャー仲間さんとの間で話題になったり、気になったりしたことをつらつらと書いていきますね。


続きを読む

◇たまに思い出す同級生


こんにちは。
さて、心屋引退の話題に心奪われてご紹介が遅くなりましたが、寄稿記事が公開されております。

こちらからどうぞ→虐待を受け復讐のために妹を殺した少女 30年後の今、何を思うのだろう〜永遠の仔〜


昔のことを掘り起こしたいわけではないので、事件についてここでは何年に起こった何という事件かという特定はしません。
きっとAも今頃は平穏無事に生きているはずですしね。多分…。

彼女の表記をAとしたのは、ありがちですが「少女A」のAです。
今では見かけなくなった表現ですが、犯罪者が未成年である場合、昔は「少年A」とか「少女A」と報道されていました。
昔でも世間を震撼させた凶悪事件では、未成年でも実名報道がされることもありましたが、この事件はそうではありませんでした。

インターネットなどまだ無い時代のことですから、一般人により犯人の顔写真や実名が流出するということもありません。

ですから、彼女は顔も名前も無き「A」です。


続きを読む

◇清々しい秋の日


こんにちは〜。爽やかで気持ちの良い秋晴れの1日です。
行楽日和なので、お出かけされる人も多いでしょうね。

コロナは収束していないとはいえ、日本では感染の爆発的拡大もしていないので、こんな田舎にも観光客の姿が目立ってきました。
近場の温泉地は高級旅館ほど予約が来年まで一杯だそうです。

さて、寄稿記事が公開されているので紹介しなければならないのですが、またしても子宮系で動きがあったのでそちらを先に書きますw
なんかね、いっつも被るんですよね。記事公開のタイミングと子宮系に動きがあるタイミングが。


続きを読む

↑このページのトップヘ