◆失敗に気づいたのでどこに引っ越すかは秘密です


おはようございます。高知は春ですよ。
毎年のことながら花粉の飛散量が凄まじいです。

引越しの準備は着々と進めておりますが、不用品の処分と荷造りにウンザリしてきたので、今日はもう午前中はネット見て息抜きにブログ書きながらダラダラしようかな。午後から頑張ります。。。


なんだか最近空ばっかり見上げちゃうんですよねー。高知って空の青が濃くて、真冬であっても澄み切った濃い青空の日が普通にあって、ここはスペインのバレンシアかなって思っちゃうくらい。


IMG_8773


次は高知とは気候風土が全く異なるところへ行くので、引越し先ではこんなアニメーションのペイントみたいな綺麗な青空を見ることはないでしょう。


続きを読む

◆インチキに価値なし


ご無沙汰をしております。

夫の転勤に伴いまして、四国の田舎から本州の田舎へと引っ越すことが決まり忙しくしておりました。
3月下旬の引越しに備えて荷造りや手続き等、やるべきことが山のようにある上、子供が受験生でもあるためブログもSNSも近頃は手付かずとなっています。

ネットウォッチも現在お休み中です。
高知の生活を引き払って、新天地での新生活が落ち着くまでブログの更新はほとんどできないかもしれませんが、更新が滞っていてもご理解ください。

ブログをやめたりネットウォッチから引退するわけではありません。


さて、前回の記事(大人かわいいモテ服作家さんがやらかしたようです)で五本木クリニック院長のブログにて自称人気ハンドメイド作家で起業コンサル、そしてヒーラーでもある中尾亜由美さんが一刀両断にされた話をしました。


続きを読む

◆笑かしてもらいました


2月も中旬を過ぎましたね。2月は28日しかないというのに、そのうちの1週間をインフルエンザで寝込んで無駄にしてしまいました。

40歳過ぎの体でインフルエンザは体にこたえるし、いろんな予定がキャンセルになってしまいましたが、まあおかげで自宅で横になりながらのんびりとオリンピック観戦ができましたよ。

羽生結弦君は素晴らしかったですね。
心のねじれた私のような者でも、オリンピックという舞台のために努力を重ねてきたアスリートたちの闘いと涙と笑顔には素直に感動させられます。


さて、病み上がりなのとオリンピックの夢にまだぼんやりしていた私の目を覚ましてくれたのは、タイムラインを流れて来たこちらの記事↓です。

46

続きを読む

◆再検討をオススメします


今年の冬は長いですね。今朝は高知市内でもうっすら雪が積もっていました。

受験生とその保護者の皆様にとっても桜咲く春が待ち遠しいですね。

さて、中学受験、高校受験、大学受験と子供達は今が学びの時ですが、大人になってからの勉強も楽しいものです。
私は大人になってからの方がずっと楽しいと感じるようになりました。
記憶力は現役時代の10分の1にも届かないほどに劣化していますが、それを補うように理解力が増していますから。


娘の勉強を見てあげると、自分が小学生の頃には解き方がまるで分からなかった算数の問題が、今は公式を思い出せなくても解法を覚えていなくても解けることに自分でも驚きます。
これは年齢を重ねたことで文章問題の読解力が上がったからなんですよね。

中学高校時代には全く興味が持てなかった古文漢文も、今読めば意味が分かったりして、趣(おもむき)深い詩や随筆を読まされていたことや、それを課題に選んだ国語の先生の意図がようやく理解できました。

小論文も今なら100倍上手に書ける自信があるのになぁ。。。


続きを読む

◆振り向かないで


卒業シーズンとはいえ、お別れが多くて寂しい春(まだ冬だっけ?)です。

以前紹介した(書かなきゃ前に進めない)たこわささんのブログ「信者と書いてカモ」が遂に終了してしまいました。

楽しく読ませていただいていたのでお別れは寂しいですが、「おめでとうございます」という言葉をはなむけの言葉とさせていただきます。


短い間でしたが、たこわささんの連載は楽しゅうございました。

心屋さんには借金までされてのめり込んだのですから、ご自身が体験されたことは大変お辛いことであったろうと思われますが、それを持ち前のユーモアのセンスで悲惨さを感じさせずに読ませる筆力がたこわささんにはおありでした。

こんなに面白い文章が書けるなら続ければ良いのにと惜しく思いましたが、ブログを書くことで過去の自分と、過去の自分が犯した過ちと向き合い、書けることを吐き出し切ったらすっぱりと卒業することが始めに決めておられたゴールでしたものね。

それでいいんです。潔いと思います。

近頃ブログを卒業されていく方々を見送るばかりですが、私はここに残って卒業生の皆さんの門出を祝い、その去り行く後ろ姿に拍手を送ります。


続きを読む

↑このページのトップヘ