Flat 9 〜マダムユキの部屋

ただの主婦が綴る独り言です

◆30歳過ぎた中年太りの経産婦だけど自称「女の子」に捧ぐ


子宮系アンチの皆さま、ウォッチャーの皆さま、ファンの皆さま、壱岐島の住民の皆さま、こんばんは。
今夜は少々思うところがございまして、モヤる気持ちを抑えて筆をとった次第です。


ことの初めは昨夜、黒猫さんのツイートを見かけたことでした。


あら、どういうことなのでしょう?
何があったのかしら?


何だか面白そうなことが起こっている?
そんな期待を込めて、「子宮委員長はる」こと八木紗弥佳のFacebookを見に行ってみました。

そうしたら、こちらの投稿を読んでしまったんですよね。



FullSizeRender

続きを読む

◆もっと問題を掘り下げて発信して欲しい


ここのところ寒さが緩んで比較的暖かい日が続いています。みなさんがお住いの地域はいかがでしょうか?
今年は冬が来るのが遅いとか暖冬だとか言われてますがどうなのでしょうね。

さて、1年の半分が夏の陽気だった高知から1年の半分が冬みたいなところへ来てしまったので、近頃の私は迫り来る寒さに備えて冬支度に余念がありません。
衣類、寝具、暖房器具はほとんど揃いました。
そして、四十路になってからというもの体力の衰えが著しかったのと、ここで過ごす冬の寒さに負けないように筋肉量を増やそうという思惑から、しばらく前から筋トレを始めたのですよ。

でね、トレーニングしながら夜のニュースを見るようになったのです。


元々ニュース番組は好きで、朝は余裕があれば7時からNHKの「おはよう日本」を見ます。
お昼は家に居れば11時半からの民放ニュースを見ています。
夕方5時以降も家にいる時は洗濯物を畳んだりなどの家事をしながら民放のニュースを見て、7時からはNHKの「ニュース7」を見るのがベーシックな流れです。

ニュースって一日中見ててもネットウォッチングと同じで飽きないんですよね。
事件も事故も政治も経済も全て、今を生きてる人間がしでかしていることじゃないですか。人間の愚かさとか不完全さが日々の問題を作り出しているのであって、そういう人間の営みって面白くて興味が尽きません。


続きを読む

◆遊園地の君に


「もうじきに冬が来る」そんな天気です。ここは寒い。

このところこのブログで取り上げてきた壱岐島と縄文祭の件は、どうやら上手く着火したようです。



前回のブログの「追記」でご案内した10月19日発刊の壱岐新報の記事と社説は、デジタル配信され無料で読めるようになりました。


一面記事はこちらから→縄文祭、約2000人が筒城浜に集結

社説はこちらから→島民との調和は図れていたのか


どちらも良記事です。
あくまで新聞という媒体である立場上、私情を抑え、人権にも配慮し、不確かな情報は交えず、公平中立の視点で書かれておられますが、文章からは傍若無人なHAPPYたちへの憤りと壱岐島への愛が感じられました。

HAPPYや子宮委員長はるが壱岐島から手を引かない限り、続報も出るでしょう。

壱岐新報社公式Facebookはこちらからです→壱岐新報社


続きを読む

◆火は燃え広がる


前回書いた記事(小林麻耶さんと子宮系)と前々回書いた記事(長崎県壱岐島の悲劇)が予想をはるかに超えて読まれており、反響が大きかったことに驚いています。
壱岐島で開催されたスピリチュアルイベントは無事に(?)終了したようですが、様々な情報が直接または間接で寄せられましたので、追加で記事を書くことにしました。


イベントの様子はFacebookやInstagram、Twitterで「縄文祭」を検索すると多数出てきます。
イベントでの出し物は「学芸会かな?」と思えるクオリティでしたが、それは縄文祭に限らずこの手のスピリチュアルイベントでは平均的なレベルですので、内容についてここでは触れません。


続きを読む

◆ネットから集めてきました


おはようございます。今日はブログを書くつもりではありませんでしたが、朝っぱらからモヤモヤしたので書きます。
雑な記事になりますが、よろしければお付き合いください。

前回の記事「長崎県壱岐島の悲劇」は10月10日に投稿しましたが、時を同じくして小林麻耶さんの記事が週刊女性プライムというメディアに掲載され、Yahoo!headlineで配信されました。

こちらの記事です→小林麻耶が夫と出会ったという子宮系イベントのトンデモ過ぎる実情


この報道を受けてのことと思われますが、昨夜小林麻耶さんがブログで「子宮系イベントには参加していない」「事実無根である」と反論されました。


続きを読む

↑このページのトップヘ