Flat 9 〜マダムユキの部屋

主婦が綴る独り言です

◇地獄味が深い家


こんばんは。
今日は1月の末日です。なにげにこの日を楽しみにしておりました。

何故なら、他人から借りた金で壱岐島にログハウスを建設中の假屋舞が、「1月末が支払い期限です」と言っていたから。


当初は、昨年のクリスマスが最後の支払い期限の予定だったのですよ。けれど、彼女はクリスマスまでに必要なお金を満額あつめられませんでした。

一方で、建設会社の方でも落ち度がありました。なんと完成間近になってから、2棟のログハウスをつなぐ渡り廊下の建設許可を取っていないことが判明したのです。
片方の棟にキッチンとリビングダイニング。もう片方の棟に寝室とバスルームがあるというヘンテコなデザイン上、2棟を行き来するための渡り廊下は必要不可欠です。
建設会社も随分といい加減ですよね。

お金を用意できなかった住宅の注文主と、工事に必要な申請をしていなかった建設会社との間で話し合いが持たれ、双方が「代金の支払い」と「物件の引き渡し」を1月末まで待つことで折り合ったようでした。


続きを読む

◇そして誰も居なくなってる


こんばんは。まいにち寒いですね。
うちは引っ越し作業も佳境に入り、家の中は段ボールだらけで殺風景。寒い上に寒々しいことこの上ないです。


冬って引っ越しに向いてませんね。梱包作業をしてても寒いし、鍋やお皿、調味料もついに箱詰めしてしまったので、これから食事は外食するしかないのですが、外に出るのが寒い。
特に夜は外出が億劫で仕方ありません。


はあ〜、早く春になってほしいし、早いとこ新居に落ち着いて、新生活を始めたいです。


続きを読む

◇ホストに依存する女の子たちの生態


こんばんは。
昨日の朝に公開された寄稿記事が、なぜか今日の午後になってから猛烈な勢いで読まれ始めました。

記事はこちらから→フェミニストは萌え絵よりも、タチの悪いホストクラブの規制強化を社会に訴えるべき


どうしてなのかは分かりませんが、恐らくフォロワー数が多く、影響力をお持ちの方がTwitterでリツイートして下さったのだと思われます。
引用リツイートでのコメントやリプライも数多く寄せいていただいております。それだけ皆さんの関心が高いのですね。


続きを読む

◇先進国とは思えない現状


こんばんは。
早速ですが、寄稿記事が公開されておりますので、まだお読みいただいてない方はどうぞ。

こちらから→フェミニストは萌え絵よりも、タチの悪いホストクラブの規制強化を社会に訴えるべき


今朝公開されたばかりの記事ですが、書いたのは10日ほど前です。
その頃はまだ、Colabo問題が連日Twitterのトレンド入りを果たしておりました。今は少し落ち着いた感じですよね。


 Colabo問題は、見ている側にとっては次第に問題の争点がぼやけてきたというか、こんがらがってきました。
確かに、公金を得て活動しているにも関わらず、会計がかなりテキトーで杜撰な点には疑問を感じたし、多額の資金を集めている割には活動内容の規模がそれに見合っていなかったり、Colaboのしている支援活動にどれほどの効果があるのか見えてこなかったりで、イロイロと疑問を感じる点は多かったです。

また、日本で集めた助成金(税金)や寄付金から韓国の慰安婦団体に多額の寄付をしていたり、Colaboで保護している女の子たちを巻き込んで政治活動に精を出したりと、「?」と感じる点もありました。


とはいっても、監査の結果、そこに大きな問題となるような不正は認められなかったわけなので、

「直すべきところは直して、これからはちゃんとして下さいね」

ということで、この話は終わり。



続きを読む

◇漫画は終わっても、現実のカルトとの戦いは続きます


こんばんは。
先週の金曜日に、「LINEマンガ」アプリで配信されていたウェブトゥーン「妻が子宮カルトに沼りました」の最終話が配信されました。

連載期間は4ヶ月弱だったそうです。準備期間はその何倍もかかっていたのですから、なんだかあっけないですね。

詳しくはこちらから→【ご報告と御礼】ついに最終回「妻が子宮カルトに沼りました」


全25話のうち、現時点までに無料公開されているのは21話まで。私は課金して全話読了しましたが、今はまだコインが必要な話も、待っていてば順に無料公開されるようです。
無料で最後まで読み切ることができるなんて、ずいぶん良心的ですね。

子宮系スピリチュアルなんていう怪しげなカルトに沼る人が少しでも減るように、啓蒙の意味で無料公開するのかな?


続きを読む

↑このページのトップヘ